宮田俊哉★太鼓の達人★フルコンボでモテモテのはずが他メンバーのスゴ技に完敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「宮田俊哉★太鼓の達人★フルコンボでモテモテのはずが他メンバーのスゴ技に完敗」の事をお伝えしたいと思います

「Kis-My-Ft2メンバー」が真の「“カッコイイ男”」になるため、「“脱ブサイク”」を目指して様々な難題に「チャレンジ」する「バラエティー番組」「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」です。「1月3日」放送の「2時間半スペシャル」で、「宮田俊哉」が「人気音楽ゲーム」「太鼓の達人」に挑戦していました。

「時間と体力を使って習得!カッコいいスゴ技対決」と題し、「宮田俊哉、千賀健永、二階堂高嗣、横尾渉」の「4人」がしのぎを削りました、今回の企画。「約一ヶ月」前から練習に練習を重ね、新春らしく「隠し芸」的な「スゴ技」に挑戦する、というもので、「一般女性100人×1点、竹内結子、木村多江」など豪華女優陣も名を連ねる「審査員10人×10点」の、「合計200点満点」で「ランク付け」されます。「スゴ技」の披露に至るまでの「ドラマ」「ブロック」の「脚本・演出」も本人たちが手掛けており、個性が発揮される「コーナー」になりました。




「1人目」の「千賀健永」は、危険な「ファイヤーアクション」に挑戦し、見事な演技で「一般女性77点、審査員95点」で、「計172点」という高得点でした。続く「横尾渉」は、全国でたった「11人」の「1級マグロ解体師」という「スキル」を生かし、「100キロ級」の「マグロ」をさばいて見せ「一般女性80点、審査員88点」の「計168点」を獲得しました。また「二階堂高嗣」は、「全長800メートル」に及ぶ危険な「コース」を使っての「カーアクション」に挑戦しました。高難易度の「“スピン駐車”」も美しく決めて、「一般女性89点、審査員94点、計183点」で「トップ」に立ちました。

そして、「アニメ」や「ゲーム」が好きなことで知られる「オタク系アイドル・宮田俊哉」が選んだのが、「人気ゲーム」「太鼓の達人」の「フルコンボ」でした。ご存じ、「リズム」に合わせて「バチ」で太鼓を叩く「音楽ゲーム」で、「舞祭組」で「ドラム」を担当する「宮田俊哉」らしい選択となりました。「テーマ曲」は定番の「夏祭り」で、難易度は最高の「おに」です。

叩く「ノート「的」」は、すべてで「488個」。序盤から「ダダダッダダダッ」と速い三連符が続き、「6秒間」で「42回」叩かなければなりません。「ラスト」の不規則な「“連符地獄”」もあり、「宮田俊哉」は幾度も挑戦しますが、なかなか「コツ」をつかむことができません。これでは「100円玉」が何枚あっても足りない ということで、「太鼓の達人マスター」の「よみぃ氏」に「アドバイス」を受けることになります。画面全体を見て、次にどんな「ノーツ」がくるのかを「認識・暗記」すること、途中で出てくる黄色く長い「ノート」「連打、と指示される」は、「フルコンボ狙い」なら叩かなくてもいい、などの「ポイント」とともに、「バチ」の持ち方など細かい「アドバイス」も受けると、さすが「ゲーマー」、それだけで見違えるほどの成長を見せ、その後も日々、黙々と暗記と「プレイ」を繰り返すのでした。




そして、いよいよ挑戦当日です。「宮田俊哉」が脚本を手がけた「ドラマパート」から「スタート」します。彼女と「ゲームセンターデート」を楽しむ「宮田俊哉」。「クレーンゲーム」に興じていると彼女の姿がなく、どこからか「俊哉!助けて!」の声が。彼女はなんと「太鼓の達人」の「ゲーム画面」に映っており、「ゲームの世界にさらわれたみたい。奇跡のフルコンボに成功したら、ここから出られるみたいなの」と迫真の表情で訴えかけます。手元には「100円玉1枚」しかありません。そんなぶっ飛んだ設定から、「プレイ」が始まりました。

「宮田俊哉」は練習の成果を発揮し、連符地獄も安定して叩き、見事に「フルコンボ」を達成しました。本人は「嬉しすぎて泣いた」と語っていました。そして、「ドラマパート」の最後では、「マイコ「彼女」のこれからの人生も、俺がフルコンボしてやるよ」との名言「?」を残すのでした。

採点の結果はというと、意味不明な「ドラマパート」の評価が分かれ、「一般女性は43点、審査員が68点」で、「計111点」の最下位になりました。「フルコンボ達成」で「ゲーマー」としての矜持を見せつけ、しっかり「オチ」もつけるという、「宮田俊哉」の魅力が全開で発揮された企画でした。

「ゲーマー」「宮田俊哉」の実力を証明できる良い機会だっただけに「ショック」が大きかったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。