二宮和也★相葉雅紀VS大野智★BABA嵐一騎打ちの展開★完全な泥仕合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★相葉雅紀VS大野智★BABA嵐一騎打ちの展開★完全な泥仕合」の事をお伝えしたいと思います。

「1月3日」放送の「VS嵐2019 賀正新春豪華3時間SP」「フジテレビ系」内で、「トランプ」の「ババ抜き」が最も弱い人を決める「BABA嵐」が開催され、涙の死闘を繰り広げた結果、最弱王は「嵐メンバー」から誕生しました。

今回は、前回「“最弱王”」に輝いた「北村一輝」をはじめ豪華俳優陣が出演し、「予選2組目」では「ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」で「二宮和也」と共演していた「葵わかな」が登場しました。「葵わかな」が「二宮和也」の印象について「優しい」と話したところ、「スタッフ」から「「二宮にも」意外とそういう面もあるんですね」と言われたと明かし、「スタジオ」が爆笑に包まれる場面もありました。




そんな中、最も盛り上がりをみせたのが「大野智、相葉雅紀、ディーン・フジオカ、滝沢カレン」が登場した「予選3組目」でした。「過去4回」「“最弱王”」になったことのある「相葉雅紀」は、神社に必勝祈願に行くようになってから負け知らずでしたが「今日行けてないけど。先週行ってるから大丈夫」と言うように、今回は収録前には行けなかったのだそうです。これを聞いて「櫻井翔」は「勘でしかないけど、なんか相葉くんやっちゃいそうな空気」と「相葉雅紀」の負けを予想しました。

すでに試合前から飲み物も半分に減っており、「スタジオ」の「ゲスト陣」も「相葉雅紀」に「“負のオーラ”」を感じていたようですが、予想に反して最初に手持ちの「カード」が残り「1枚」になった「相葉雅紀」でした。

「BABA嵐」では、「ジョーカー」を持つ人のみが、「プレイヤー同士」の手札を強制的に交換する「シャッフルタイム」を発動できるという「特別ルール」が存在します。この「ルール」が、残り「1枚」となった「タイミング」で発動してしまい、結果、「相葉雅紀」は手持ちの「カード」が「3枚」に増加しました。一方、手元に「ジョーカー」が回ってきた「大野智」でしたが、一旦「ジョーカー」が手離れしたものの、「相葉雅紀」の手を通って再び「大野智」の元へ。

ですが、その「ジョーカー」をすぐさま「相葉雅紀」が引くと、その後、「6連続」で「ジョーカー」が移動するという展開になりました。その流れの中で「滝沢カレン」が勝ち抜けし、「大野智」と「相葉雅紀」の一騎打ちへ突入しました。もう飲み干してしまった飲み物をすすりながら「もうイヤだー!」と嘆く「相葉雅紀」は早くも涙目状態です。そして「二宮和也」いわく「完全な泥仕合」だという「“名勝負”」を繰り広げた結果、最終的には「大野智」が勝利しました。




この「2人」の戦いには、「ネット」上でも「激動のジョーカー、面白すぎるんですけど!」「最弱王VS最弱王やんけ「笑」」「ジョーカーお帰りなさい祭りで、もはやポーカーフェイスなんてできない2人」「本当に面白すぎて困っちゃう」と大盛り上がりでした。

そして、最弱王を決める決勝戦に進んだ「相葉雅紀」。最弱王になると、背中に「“最弱”」と書かれた白い「ジャケット」を着ることになりますが、「相葉くんいくと思いますよ。最近嵐、白いジャケット着てませんし、白いジャケットが嵐を求めるんじゃないかと思うんですけどね。里帰りといいますか」という「櫻井翔」の予想通り、「相葉雅紀」が歴代最多の「5度目」となる「“最弱王”」に輝いたのでした。

「もしかしたら「“相ババ”」があるかもしれない!」と、「ライブ」で「ファン」が持つうちわに「相ババ」と書かれることを心配していた「相葉雅紀」でしたが、「“最弱王”」返上に向けて、「関ジャニ∞・横山裕」を相手にした「ババ抜き」特訓が再開される日も近いかもしれないですね。

「相葉雅紀」の「最弱王」に違和感を感じないのも不思議ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。