堂本剛★25年目突入のラジオ★甘えかもしれないけど★スタンス語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛★25年目突入のラジオ★甘えかもしれないけど★スタンス語る」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「1月7日」深夜に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。




「2019年」最初の放送となった今回は、番組開始から「25周年イヤー」に突入したということで、「堂本剛」は「長いですねえ!」と素直に驚きました。また「25周年の意気込み」を話すよう台本に書いてあったとのことですが、「意気込んだことがないから」と苦笑いしていました。

とはいえ、「ありがたいですよねー」と感慨深そうに話し、「最初の頃は企画モノがあって、それにパーソナリティという感じで頑張ってたんですけど、だんだん肩の力が抜けてこういう感じでしゃべれるということが幸せというか。甘えかもしれないけど、ファンのみなさんもそういうラジオの方がいいんじゃないか、って僕はちょっと思うんですよ。ファンの人と繋がっている意識を高めるならば、より自然体でしゃべるということなんですけど」と番組への自身の「スタンス」を説明しました。さらに「25周年迎えるということで、実感はないですけど、文化放送さんはじめ、ファンのみなさん、リスナーのみなさんが存在しているっていうこと。みなさんのお力あっての25周年ですから」と言い、「このラジオはええ湯加減のお風呂入ってるみたいな、力を抜いて聞いていただければと思います」と「リスナー」に「メッセージ」を送っていました。

この「オープニングトーク」には「リスナー」から「25周年おめでとう!」「ゆるい空気感でこれからも続いていってほしいな」といった声が集まっていました。




そんな中、この日もさまざまな話題が取り上げられていましたが、「これってアウトかな」という「リスナー」の「フェチ」を取り上げる「コーナー」では、「老若男女問わずお尻フェチ」という女性からの「メッセージ」が読み上げられました。「堂本剛」はこれに「これ男性だったらアウトになるでしょ。女の人だからセーフの感じするけど、性別を超えた話でいうとアウトでしょ」と断言しました。ですが、「疲れるよね、街歩いてると、「こっちのお尻も、あっちのお尻もええなあ」って」と「お尻トーク」を展開しました。「「Hey おシリ、いいお尻教えて」ってなるから。「それはお答えできません、私にはお尻がありません」ってジョークも言うようになるから」とお尻の話に夢中になっていた「堂本剛」でした。

この「トーク」に「リスナー」からも、「2019年一発目からお尻の話ってさすがすぎる」「お尻の話に夢中になる剛くん」といった声が集まっていました。「2019年」も独特の空気感で番組が続いていくことを願うばかりですね。

肩の力を抜いていたからこそ「ファン」と一緒にここまで続いて来られたのは間違いないですよね。節目の「30年目」に向かって今までのように頑張ってほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。