玉森裕太★リバース★撮影の苦しみ★話も監督も優しくなかったと回顧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「玉森裕太★リバース★撮影の苦しみ★話も監督も優しくなかったと回顧」の事をお伝えしたいと思います。

「1月9日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」と「玉森裕太」が登場しました。過酷だったという「ドラマ撮影」の裏話から、先輩との意外な交流までさまざまな話題で盛り上がりました。

「2019年4月」から放送される、「テレビ朝日開局60周年記念作品」「やすらぎの刻~道」「テレビ朝日系」に「レギュラー出演」することが決まった「宮田俊哉」です。「倉本聰氏」が脚本を務めた「やすらぎの郷」の続編であり、昭和初期から「平成30年」までの時代の移り変わりを描く「ストーリー」となっています。さらに、時代背景に合わせて「“ほぼ坊主”」くらい髪を短く切って撮影に臨んでいるといいます。




兄弟役で出演している「ジャニーズ事務所」の「先輩・風間俊介」については、「芝居がめちゃめちゃうまいのよ、やっぱり」「もう半端なさすぎて。毎回俺も「あんなのができればいいな」とか思うのよ。勉強しながら「撮影を」やって、いい現場」と語り、先輩の背中を見て演技の勉強中なのだと話しました。

そんな「宮田俊哉」から、「なんの作品が一番追い込まれた?」と聞かれた「玉森裕太」は「リバース」「TBS系」と即答しました。「2017年」に「藤原竜也」主演で放送された「連続ドラマ」で、ほかにも「市原隼人」や「小池徹平、戸田恵梨香」などが出演していましたが、当時は「豪華俳優の中でもまったく浮いてないし、演技うまい」「俳優かと思ってた」「いい意味で印象変わった」と「玉森裕太」の演技力も注目を浴びていました。

ですが当の本人は、「お話も「シリアス」だし、監督も優しい監督ではなかったから。もう追い込まれて、俺が死んじゃうんじゃないかな?と思った。友人が死ぬ話だったけど」と、現場でかなり揉まれながら撮影に挑んでいたことを告白しました。

あまり過去のことを語らない「玉森裕太」なだけに、「ファン」からは「玉森くんって、あまり言わないからこういう報告はうれしい!」「撮影時の思いを知れてうれしい」「あのメンバーの中で演技できたのは大きいよね」などの声が上がっていたのでした。




そんな中、「エンディング」では「玉森裕太」が「キスマイラジオ始まってからずっと悩んでいたんだけど、テンションってどこが正解なんだろう?」と、「テンション」を上げた方がいいのか、しっとりと語った方がいいのか、悩んでいることを打ち明ける一幕もありました。

「ラジオ」が始まった当初、「関ジャニ∞・横山裕」から「ラジオを長続きさせるには適度な下ネタが必要」と「アドバイス」をされて以降、その教えを忠実に守ってきている「玉森裕太」です。今回の悩みについても「横山くんに相談しよう!」と「宮田俊哉」に言われると、「メールアドレスは知らないけどさ、ゲームのアカウントは知ってるから。そっちで送るわ!「相談あります」って」と、再び「横山裕」に「アドバイス」をもらうと語っていたのでした。

実は「ゲーム仲間」である「玉森裕太」」と「横山裕」です。「横山裕」が一体どんな「アドバイス」をしたのか、「玉森裕太」の次回出演回で明らかになるかもしれないですね。

追い込まれたり監督に優しくされなかったことが今の「玉森裕太」の素晴らしい名演技に繋がっているのは間違いないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。