永瀬廉&高橋海人★太神楽の曲芸師★カメラに顔向けるの恥ずい★撃沈した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉&高橋海人★太神楽の曲芸師★カメラに顔向けるの恥ずい★撃沈した」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「1月7日~11日」は「永瀬廉」と「高橋海人」が登場し、日本の伝統芸能であり縁起物でもある太神楽の曲芸師に弟子入りしました。

「コーナー」としては新年一発目の放送ということで、ますますの発展を願い、「桝太一アナウンサー」の顔写真が貼ってある「“ます”」を和傘の上で回す曲芸を披露してくれた師匠でした。すると早速、「高橋海人」は「見た感じだと、できるの一個もないです」と弱気な発言をします。




それでも、今回は「1月21日」に「2000回目」の放送を迎える「ZIP!」のために「2人の芸で勢いをつけていただきたい」と「スタッフ」。そして、神社の神様の前で芸を披露して奉納するという重要な役割が与えられたのですが、これに「高橋海人」は「肩重すぎでしょ!」と発言します。どうやら「荷が重すぎる」と言いたかったようですが、周りの「スタッフ」たちから一斉に「荷!」「荷!」と指摘されるまでわかっていなかった様子で、そんな姿に「ファン」は「朝から笑った」「かいちゃん可愛い」などの声が飛び交っていました。

そして、曲芸と同じく重要になるのが「“口上”」と呼ばれるおしゃべりです。めでたい要素を入れながら自己紹介するのが「ポイント」になってきますが、挑戦する前に「2人」はなにやら「コソコソ」と相談中です。そして、「2人」で披露したのが「海人と廉で二重アゴ。君もそのうち二重アゴ」というものでした。師匠の「コンビ名」「二重丸」にかけた自己紹介だったようですが、完全に「スベッ」てしまい「もう カメラに顔向けるの恥ずい」と撃沈しているようでした。

ですが、「ファン」は顎を引いても「二重アゴ」のかけらも見えない「シュッ」とした「永瀬廉」の輪郭に注目したようでした。「ネット」上には「二重アゴになってない廉くんうらやま「笑」」「二重アゴにならない「“れんれん”」何なの!」「れんれん、アゴの下に肉なさすぎてアゴ引いても二重アゴならんとか衝撃なんですけど」など、驚きの声が集まっていたのでした。

その後は、ひとつずつ曲芸に挑戦してみて、師匠にそれぞれ向いている芸の適性を見てもらうことになりました。ここでは、「バランス感覚」にすぐれた「高橋海人」が曲芸の才能を発揮し、「アゴ」にほうきや小さな和傘などの棒を乗せて「バランス」をとる曲芸や、紙風船の傘回しなどを見事成功させてみせました。




一方、「永瀬廉」はそんな「高橋海人」を見て呆然とします。このままでは出る幕がなくなってしまうため、「ジャグリング」では気合を入れて臨むと案外上手にできた「永瀬廉」でした。師匠たちから「天才!」「すごいすごい」と褒められ安心した表情を浮べていたのでした。

こうして、「永瀬廉」と「高橋海人」の担当が決まったところで、それぞれが本格的に練習に取り組むことになりました。番組の祈願も兼ねているため「いろいろとシビアっすね」「永瀬」、「背負いすぎてる気がするけどなぁ」「高橋」と「2人」は思うところもあるようですが、新しい課題として「高橋海人」には「“重い鞠を使った傘回し”」、「永瀬廉」には「“一人ジャグリング”」という曲芸が追加されました。

一気に難易度があがったことで、大苦戦している「2人」ですが果たして成功させることはできるのでしょうか?次週放送に期待したいですね。

「海人と廉で二重アゴ。君もそのうち二重アゴ」を気にせずに自己紹介できる度胸に「ファン」も驚いたでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。