小山慶一郎★ドヤ街取材★着々とスキルアップしてる★加藤シゲアキ驚く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★ドヤ街取材★着々とスキルアップしてる★加藤シゲアキ驚く」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「1月11日」深夜の回では、「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「ドヤ街」と呼ばれている「横浜・寿町」を取材しました。

「ドヤ」とは「1泊1,000円〜2,000円」など安く泊まれる簡易宿泊所のことです。今回は「日本のドヤ街」「第3弾」ということで、西成での薬物密売問題を取り上げた「第1弾」、山谷の「ホームレス高齢化問題」の「第2弾」に続き、「横浜・寿町」では孤独死問題や違法賭博問題に迫りました。「番組オープニング」で「加藤シゲアキ」は「我々はドヤマイスターですから。ちゃんとスタンプラリーしてますよ。西成、山谷、そして寿町」と、数々の「ドヤ街」を取材してきたことを振り返り、自ら「“ドヤマイスター”」と名乗っていました。




寿町の歴史はというと、「昭和31年」に横浜港で荷下ろしをする日雇い労働者のために簡易宿泊所が作られたことを発端とし、「昭和50年代」には日雇い労働者は「5,000人」以上に増加しました。日雇い労働者の対応を巡って警察との間で暴動が起こるなど治安は悪化しましたが、現在、日雇い労働に並ぶ列はなく、生活保護受給者が「8割」以上となり、深刻な高齢化を迎えているといいます。

寿町の「ドヤ」の特徴は、裕福な「中国人オーナー」が多く、普通の「マンションタイプ」の簡易宿泊所が多いのが特徴だといいます。すると、「小山慶一郎」は「1泊いくらなんだろうね?聞いてこようか?」と突然、取材交渉に向かうと、「加藤シゲアキ」は「マジで?違うなやっぱり。経験値。着々とスキルアップしている」と「小山慶一郎」の行動力を称賛しました。

取材は「NG」でしたが、「1泊2,200円」と判明しました。別の「ドヤ」「第二平成館」を取材させてもらうと、「1泊2,000円」で「約3畳」の中には、「テレビ」や「冷蔵庫、布団、エアコン」もついている「フローリング」のきれいな部屋です。また現在、寿町では年間「100人〜150人」の孤独死が問題となり、「監視カメラ」や「ドアセンサー」などで対策をしていると管理人さんは話します。

孤独死を少なくするための「訪問医療」も対策としているということで、同活動を行う診療所「ポーラのクリニック」「院長・山中修氏」を取材しました。「週3日」で「約40人」の患者を診療するという「山中修氏」は、「社会との関わり合いを失った形で、無関心を保たれたままにその人が亡くなっていく場合、僕はそれを「“孤独死”」だと思うんですよ」と話し、万が一、患者に何かがあった場合でも「山中修氏」が説明できることから、死後に警察が呼ばれても変死扱いや孤独死ではなく、患者は社会とつながっていたという証しになるといいます。




また、「山中修氏」は「寿町に住んでいる人たちはすごく幸せだと思いますよ。これが家族の代わりになる」と言って取り出したのが、「わたしの連携ノート」と書かれた「ノート」でした。生活保護を受ける「65歳」以上は、医療費や介護費が全額無料となるため、医師や「訪問看護、リハビリ、管理薬剤師、介護、役所ケースワーカー」など街ぐるみで手厚く見守る組織ができあがっており、彼らが連携をとって患者の「ノート」に記しているといいます。

「このやり方でやれば、家族がいなくても、これくらいの「最低限の」クオリティオブデス「尊厳死」は担保できるだろうって言うふうに思ったのがこの方法だった」と「山中修氏」は話し、「生活保護を上手に使うとここまでやれるっていうことなんですね」と明かしたのでした。

この放送に「SNS」上では「「NEWSな2人」本当に勉強になる」「これから迎える高齢化社会の闇」「今日ハードな内容だね」などの声が集まっていました。次週は、「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が「寿町の違法賭博問題」の実態に迫ります。

「ドヤ街問題」に真剣に向き合っている「加藤シゲアキ&小山慶一郎」には「ファン」ながら頭が下がりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。