堂本光一★謝らせていただきますと深く謝罪★アポイントなしはないと発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★謝らせていただきますと深く謝罪★アポイントなしはないと発言」の事をお伝えしたいと思います。

「1月12日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「ナオト・インティライミ」がゲスト出演しました。

今回の企画は、「1979年生まれ、40歳をお祝いしよう!」というものでした。「ナオト・インティライミ」は「1979年8月15日」生まれ、「堂本光一」は「1979年1月1日」生まれ、「堂本剛」は「1979年4月10日」生まれと全員が「1979年生まれ」という共通点を持つことから、「“40歳の人や物をお祝いしに行こう”」という趣旨のようでした。




渋谷にある「MAGNET by SHIBUYA109」の屋上で「KinKi Kids」が「オープニングトーク」をしている最中、偶然、渋谷の「マルチ大型ビジョン」に「KinKi Kids」の新曲「会いたい、会いたい、会えない。」の「PV」が流れ出したと「スタッフ」から伝えられると、「堂本剛」は「大型ビジョン」を見ながら「カメラ」に向かって「俺!俺!」とうれしそうに指さし、「新人みたいなことやってる」と「堂本光一」から「ツッコミ」が入る一幕がありました。

その後、「1979年4月28日」に「オープン」し今年で「40周年」という「SHIBUYA109」をお祝いしようと、総支配人がいる事務所に向かう一行。「我々が訪問するということを、お伝えしてないらしいです」「剛」と言うと、「そんなわけないやん!今のテレビ、そんなことあるわけない」「光一」と強く否定しました。すると「堂本剛」は、「どれくらいの演技力があるかということを見ましょう」と、さっそく事務所の中へ。

総支配人の「小西さん」は、「KinKi Kids」を見て「え?え?」と驚いた様子です。そんな「小西さん」から、「オープン日の4月28日はシブヤの当て字」「東急グループが開発したため、東急=109となった「諸説あり」」「1995年ごろから若い女性をターゲットに全館リニューアルした」「来年ロゴが変わる」などさまざまな「SHIBUYA109」の歴史を教えてもらった後、「ケーキ」の「プレゼント」を渡してお祝いしました。




「堂本光一」は「ちなみになんですけど、本当に我々が来るっていうのは知らなかった?」と支配人に聞くと、「全然聞いてなかったです」と即答しました。すると、「堂本光一」は「“アポイントなしはない”」と言ったことを反省し、「謝らせていただきます」と言いながら、深くお辞儀をしたのでした。

その後は、「1979年」に発売された「お菓子・飲み物・食べ物」である「うまい棒」「たけのこの里」「パイの実」「キリンメッツ」「うまかっちゃん」などが紹介され、「堂本光一」は「物としては、79年ってスター多いね」と発言しました。「堂本剛」も「ナオト・インティライミ」も深く同意していました。

最後に一行は、「1979年」「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、現在でも「Webサイト」「週プレNEWS」で連載中という人気漫画「キン肉マン」「集英社」の著者「ゆでたまご先生」の事務所に行き、「40歳」をお祝いしました。お礼に「キン肉マン」が描かれた「サイン色紙」をもらうと、「やば!やば!」「光一」「うれしい」「剛」と大感動していたのでした。

この放送に「SNS」上では「光一君、40歳。おめでとう!」「光ちゃんのケーキも可愛い」「渋谷の大型ビジョンに新曲PR映像流れた時のKinKiちゃん可愛いかよっ」などの声が集まっていました。

「アポイント」があるのが当たり前の時代に「なしはない」と思うのも当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。