二宮和也★10年前に語った理想のデート★おい、ちょっと待てよ★動揺のワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★10年前に語った理想のデート★おい、ちょっと待てよ★動揺のワケ」の事をお伝えしたいと思います。

「1月12日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさんSP」「日本テレビ系」は、「ゲスト」に「V6」の「三宅健、哀川翔、チョコレートプラネット、古市憲寿、バカリスム、原田龍二、平成ノブシコブシ」の「吉村崇、森三中」の「大島美幸」らが出演しました。

今回の企画は、「赤面!自分クイズ〜人気芸能人の黒歴史大放出スペシャル」と題し、過去に「テレビ」や「ラジオ、雑誌、SNS」などに語った赤面発言を自分自身で解答し、今までの芸能人生を振り返るという「クイズ番組」です。




「過去の自分何言っちゃってんだ!?クイズ」では、さっそく「二宮和也」に出題が。まずは、当時「14歳」で「ジャニーズJr.」だった「二宮和也」が出演した情報番組「ビッグトゥデイ」「フジテレビ系、1997年8月7日放送」が映し出されました。

「夏休み特別企画 ジャニーズJr.ボーイズinスタンド・バイ・ミー」と名付けられたこの「コーナー」は、「相葉雅紀、松本潤、生田斗真」など「ジャニーズJr.出演」の舞台を密着するというものでした。その中の「二宮和也」を含めた「4人」の「メンバー」が「○×クイズ」をする「シーン」で、「夏休みは遊んでいるより仕事をしている方が楽しい」という質問に、「二宮和也」は「×」を出し、「学校のみんなとプール行きたいですね」「「プールには」全然行ってないです。一回も」と無表情で「コメント」していました。この「VTR」を見ていた「二宮和也」は、声をあげながら大爆笑するのでした。

さらに、その密着「VTR」の中で、舞台の役名である「クリス」として紹介されていた「二宮和也」は「どうしてジャニーズに入ろうと思った?」と聞かれると、「ていうか、イトコが「履歴書を」送っちゃったんですよ」と憮然とした態度をとりながら返答しています。「もともと興味がなかったわけではないでしょ?」と問われると、「いや全然興味なかったんスよ」とそっけなく返答したのでした。「スタジオ」では、「クリス二宮」と呼ばれ、会場の笑いを誘いました。




そして、問題は雑誌「ポポロ」「麻布台出版社、2009年5月号」から出題されました。当時「25歳」だった「二宮和也」が「“理想のデート”」を語った記事からでした。「デートの王道といえば遊園地ですから、行っちゃいますよ「笑」。絶叫系の乗り物にいっぱい乗って、お昼になったら園内でスシを食べます」と読み上げられると、「VTR」を見ている「二宮和也」は「何言ってるの。この子。スシ食えないじゃん、そもそも」と「ナマ物」は苦手と暗に話し、「その後、観覧車に。3周乗って●●●」の●●●を当てるという問題でしたが、「二宮和也」は「愛し合おうぜ、東京」と解答しました。正解は「夜景より、君のほうがキレイ」と発表されると、「たぁー!おい、ちょっと待てよ」と恥ずかしがりながら、過去の自分に「ツッコミ」を入れるのでした。

この放送を受け、「SNS」では「クリス二宮、超イジられててかわいい」「二宮くんがほんと〜に真っ赤でかわいくてかわいくてかわいすぎてびっくりした」「09年の「ポポロ」めっちゃ懐かしい!」などの声が見受けられました。

「二宮和也」に限らず若かりし頃はとんでもない「セリフ」を語ってしまうものですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。