木村拓哉★帰れま10★リベンジ出演★迎え舌は?&食事シーン編集してる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★帰れま10★リベンジ出演★迎え舌は?&食事シーン編集してる」の事をお伝えしたいと思います。

「1月14日」放送の「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル」「テレビ朝日系」に、「木村拓哉」が出演しました。「木村拓哉」は、お店の「人気メニューベスト10」を当てるまで帰れない企画「大人気中華料理店で帰れま10」の「コーナー」に「“リベンジ参戦”」するも、視聴者から「周りが気を使いすぎてて面白くない」「みんな木村に忖度しすぎ」と反感を買うこととなってしまったようです。

「木村拓哉」は、昨年「1月」にも同番組の企画「人気回転寿司チェーン店で帰れま10!」に出演しています。この時は、食べ物を口に入れる直前に舌を出して食べる「“迎え舌”」が「汚い!」「マナー悪いけど、注意してくれる人いなかったの?」「幻滅した」と、「ネットユーザー」から「クレーム」が続出しました。そのため、今回の出演に際して、「ネット」上では「また迎え舌見せられるの?」「よくこの番組に出てこれたな」といった声が上がっていました。

そうした中で、「お笑い芸人・三四郎」の「小宮浩信」が「批判とかSNSとかで見たりされるんですか?誹謗中傷とかあったら落ち込みます?」と質問する場面がありました。




この質問に対し、「木村拓哉」は「そういう捉え方もあるんだなと思う」と答えていましたが、批判の「コメント」については「「記事が」出ていたら見ます」とはっきり「コメント」しています。このことから考えても、もしかして「木村拓哉」は「“迎え舌”」で自分が批判されていたことについても、記事を通して知っていたのかも知れません。今回は、自ら口元を手で隠すなど、食べ方を気にしている様子がうかがえ「キムタク、食べ方意識してるよね?」といった声も出ていたようです。

ただ、自分が「アップ」で抜かれているとき以外は、気を抜いていたのかもしれません。「ポテトフライ」を注文後、ほかの芸人が食べている様子が映し出される画面の後ろの方で、「木村拓哉」が「“迎え舌”」で「ポテト」を食べている姿が「バッチリ」と映っていたのでした。

前回は、「木村拓哉」の食べ方にかなりの批判が飛び交っていましたが、今回はある意味、「ネタ」として「“迎え舌”」待ちをしている人も見受けられました。そのため「迎え舌キター!」「出た!」と、なぜか一部の視聴者は盛り上がっていたようです。とはいえ、やはり「マナーの勉強し直してきて」「鏡で自分が食べてる姿を見てみたら?」など批判の声も当然のように上がっていたようです。

一方で、今回は「テレビ局が木村に対して「“忖度”」したのでは?」との意見も噴出しています。




「木村拓哉」が食べる「シーン」では、器で口元が隠れることも多かったのですが、その点が「ネット」上では「キムタクに忖度してる」「テレビ局が忖度してるよね?」「うまい具合に編集されてたな」と話題になっており、「“意図的に木村のカットが編集された”」と感じる視聴者が多かったようです。

さらには、ほかの出演者が「メニュー」を予想している時、積極的に意見を出していたことも完全な裏目となり「キムタク出しゃばりすぎ」「周りの出演者が気を使いすぎててかわいそう」「みんなが木村を持ち上げてて、完全に「“裸の王様”」状態」と言った皮肉も寄せられていました。

長年染みついた癖は直すのに苦労すると思うのですが、食事の「マナー」については、ぜひ改善に努めてもらいたいものですね。

視聴者も「迎え舌」を「ネタ待ち」していたのであれば「木村拓哉」に期待していたことになりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。