木村拓哉★半端ない&ありえない★娘の工藤静香への接し方★親子ゲンカ明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★半端ない&ありえない★娘の工藤静香への接し方★親子ゲンカ明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「2000年」に「歌手・工藤静香」とできちゃった結婚し、現在は「2児」の父となった「木村拓哉」です。「SMAP時代」は、「木村拓哉」自らが家庭について言及する機会は少なかったものの、「17年1月」には「妻・工藤静香」が「インスタグラム」を始めたほか、「18年」は「次女・Koki,」が「モデルデビュー」を果たし、芸能界入りしました。こうして、「“木村家”」の情報が次々と世間に伝わっていく中、ついに「木村拓哉」本人も赤裸々に家庭内の出来事を明かしました。「ジャニーズ事務所」の「先輩・近藤真彦」の「ラジオ番組」で、母と娘の「親子ゲンカ」に触れたのでした。

「木村拓哉」は主演映画「マスカレード・ホテル」「1月18日公開」の宣伝を兼ね、「近藤真彦」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「COME ON! ROCKIN’ ROAD」「FM COCOLO」の「マンスリーゲスト」として、「同6日」放送回から出演中でした。「13日」の「オンエアー」では、「近藤真彦」が「10年前「の木村」はなんかもう、やっぱりもっとギラギラしてたんじゃないの?」と現在との違いを尋ねると、「生活の基盤も全然違ったので」と返答しました。「10年間で何が変わった?生活の基盤って言ったら」と掘り下げられ、「やっぱり。まぁ、家族の成長もまずデカイですし」と述べ、かつては意見や「アドバイス」を送る立場が多かったのですが、最近は子どもとの関係が変化し、「フラット」な会話ができるようになったと示唆しました。




「木村拓哉」は、幼稚園から数年にわたり剣道を習っていたとのことで、「近藤真彦」はそうした「剣道精神みたいなもの」は子どもへの教育に生きているのか? と質問しました。これに「木村拓哉」が、「あまりにもウーって我慢できなくて、手を上げそうになった時に」と返すと、「「お母さんに、その口のきき方なんなんだ」「という怒りなのでは?」」と言われ、「それは、相当ありますね」とうなずいたのでした。

また、「1児」の父である「近藤真彦」は、自身の家庭を引き合いにして「「うちは」子どもが男でお母さんは女でしょ。男と女だからまだ「ケンカは」平気なのよ。女と女は結構やるらしいよ」と「コメント」しました。「木村拓哉」も思い当たる節があるようで、「もう「言葉遣いが」ハンパないですよ」「タメ「口」を超す時ありますね。お前今、超したよね?っていう。「そういう時が」あります、あります」と、「ポロリ」。そして、「1回、ホントにもう。あ、もうこれ「“あり得ない”」と思って」と、娘と母親の「親子ゲンカ」を語り出しました。

「「母親が」水回りをやってる時に、その近くでなんかこう、「娘が」学校のことやってて。なんか、何滴か飛んだんじゃないですか。ピチャピチャって。そしたら、「チッ。わざとかけてんじゃんねぇーよ」みたいな感じになって。で、「わざとそんなことするわけないじゃん」「わざとじゃなかったら飛んでくるわけないじゃん」みたいな「言い合いになった」。それを、「自分は」なんかこう台本読みながら、聞いてたんですよ。目は台本なんですけど、耳はもうすげぇ、パラボラアンテナみたいになって。で、「わざとやんなきゃ、こんなかかり方するわけねぇーじゃん」とか、なってきて」

これに耐えきれなくなった「木村拓哉」は、「いい加減にしろ」の意味を込めて台本を「バンッ」と「テーブル」に置き、台所で「コップ」に水を入れて「「“わざと”」って、どういうことかやってやろうか、お前!」と、怒りを露わにしたそうです。すると娘は「そのまま自分のことを睨みつけて、涙目になったままいなくなりました」とのことで、そこから「約1カ月間」は「ノーコミュニケーション」「一切しゃべらず」と距離ができてしまったようです。




これを聞いた「近藤真彦」は、「木村家、ドラマにしたら?」と笑っていましたが、「近藤真彦」の息子も「小学校5年」と、今後難しい年頃を迎えるだけに、「中学校になったら「近藤の子どもも反抗的に」なるんじゃないですか。絶対だって、DNA入ってますもん」と「木村拓哉」は警告しました。すると、「それはお前もそうだよ。お前のDNAが入ってるから、「わざとかけたんじゃないか」って話になるんだよ。そうだろ「笑」?」と「近藤真彦」に指摘されてしまい、「それ、俺ですかね?」と思わず「ポロリ」。「まぁ、お母ちゃんの方も結構だもんなぁ~「笑」」と再び「近藤真彦」に「ツッコ」まれると、今度は「はい「笑」」と返した「木村拓哉」なのでした。

この放送を聞いた「ファン」は、「「母ちゃんも結構だもんな」って、最高!マッチしか言えない」「親子喧嘩がリアルすぎてびっくり。娘さん、反抗期とかないだろうと勝手に思ってたけど、バリバリあるんだ」「親子喧嘩の詳細を躊躇なく話す木村くんが良かった」と驚きつつも喜んでいたようです。

今後の放送ではどんな「爆弾ネタ」が飛び出すのか、期待が高まるばかりですね。

「大スター」の夫婦の子供でも一般の子供と同じように反抗期があるのは当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。