小瀧望★苦痛でしゃあない!と語る★せっかちゆえのイライラとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小瀧望★苦痛でしゃあない!と語る★せっかちゆえのイライラとは」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」の「1月12日」深夜の放送回に「濱田崇裕」と「小瀧望」が登場しました。「ジャニーズWEST」内で「“せっかち”」な「メンバー」を明らかにしました。




修学旅行で関西に行ったという関東在住の「リスナー」から、「歩くペースは、私たちが遅いのか、ほかの方がとても速いのが疑問でした。よく関西の人はせっかちだと聞きます。それは本当なのでしょうか?気になります」との「メッセージ」が寄せられると、「わからんけど、少なくともメンバーにはせっかちが多いです」と明かした「小瀧望」でした。そして、自分についても「少なくとも僕は、まぁまぁなせっかちです」と「コメント」しました。

一方、「濱田崇裕」はというと「めちゃめちゃせっかちでもない」とのことで、これには「小瀧望」も「そうやな。のほほ~んと待ってられるもんな」と同意しました。さらに、「藤井流星」については「流星は出番に気づかんからな」というほど、のんびりしているといいます。

そして「濱田崇裕」に「どんなところがせっかちですか?」と聞かれた「小瀧望」は、「僕はもう「“待ち時間”」。話が長い人!もう要点だけ言ってくれればいい。一個一個言う人が待てない」と、要点をまとめずに話してくる人が苦手だと回答しました。また、「メンバーのプレゼントとかでさ、プレゼント用にラッピングしてもらうじゃん。もうあの時間とか、苦痛でしゃぁない!頼んでんけどな、こっちが。「まだかな!?」っていう」と、丁寧に「ラッピング」してもらうことはありがたいとしながらも、「ちょっと待つのが無理」と語っていました。




さらに、「小瀧望」と「濱田崇裕」の「2人」ともが「無理!」と言ったのが「“エレベーターの待ち時間”」でした。これについては、「濱田崇裕」も「家「のエレベーター」でもエレベーター来てなかったら、その階になかったら、走るか、階段使うか」と、待つくらいなら自力で行った方がいいという考えのようでした。

そして、「ジャニーズWEST」ではほかに「桐山照史、中間淳太」が「“せっかち”」だといいます。ただ、「小瀧望」とは「タイプが違うせっかち」「濱田」らしく、「桐山照史」と「中間淳太」の「2人」は、いろいろと言うことはないんだそうです。そして、最終的に「比率としては多いけど、特に関西人だからせっかちというわけではない」という結論に至っていたのでした。

「メンバー」の「プレゼント用ラッピング」くらいは苦痛を感じてほしくないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。