亀梨和也★深田恭子にポイ捨て★プライドはズタズタ★ささやかれる背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「亀梨和也★深田恭子にポイ捨て★プライドはズタズタ★ささやかれる背景」の事をお伝えしたいと思います。

「深田恭子」の「“新恋人”」として報じられた、実業家の「杉本宏之氏」について、「1月17日」発売の「女性セブン」「小学館」「週刊文春」「文藝春秋」がそれぞれ詳報しています。両誌ともに、「杉本宏之氏」は、離婚直後に「深田恭子」と交際を始めたこと、その直前まで、妻とは別の一般人の恋人もいたことを伝えており、さらに「文春」は、「深田恭子」が婚約発表の段取りを進めていたとし、一方の「セブン」は「深田恭子」が恋人だった「KAT‐TUN・亀梨和也」を「“ポイ捨て”」したと報じています。

交際の「第一報」は、「1月7日」付の「スポーツニッポン」でした。昨年「11月」から交際を「スタート」しており、すでに「深田恭子」は「杉本宏之氏」を両親にも紹介しているといいます。「深田恭子」が所属する「ホリプロ」は「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」と、交際をきっぱりと否定したものの、翌日には「サンケイスポーツ」が「ダメ押し」で「“真剣交際”」と報じるに至りました。




「深田恭子」といえば、ここ数年は「亀梨和也」と順調に交際を続けていると見られていました。「連続ドラマ」「セカンド・ラブ」「2015年、テレビ朝日系」での共演をきっかけに交際を「スタート」させました、近頃では半同棲状態ともささやかれていたほどです。昨年「11月」時点で、「亀梨和也」は「深田恭子」の誕生日会にも参加しているだけに、当初は「深田恭子」の「“二股”」との見方が強まっていました。

そして今回の「セブン」によると、急速に「杉本宏之氏」に惹かれた「深田恭子」は、「亀梨和也」に対して「他に好きな人ができた」と伝えなかったものの、一方的に別れを突きつけたようです。記事には「泥沼破局」とあるものの、実際は単なる「“乗り換え”」で、「亀梨和也」は「杉本宏之氏」との交際発覚報道により、ようやく事の次第を知ったといいます。

これまで数々の男性と浮名を流していた「深田恭子」ですが、「亀梨和也」とは将来を見据えた交際だったようで、いずれは「ゴールイン」するものとみられていました。ですが、「亀梨和也」は現在、再始動した「KAT‐TUN」を盛り上げることにかかりきりで、すぐに結婚できる可能性はほぼないに等しいようです。そこで、「深田恭子」は「“永すぎた春”」を恐れたのか、突然現れた「杉本宏之氏」にすぐさま乗り換えたという形のようです。




「佐々木希 望」や「堀北真希」など、結婚への「ハードル」が高い「ジャニーズタレント」との破局が報じられた後、別の男性と「トントン拍子」に結婚する女性タレントは後を絶たないだけに、「深田のスピード結婚も十分にあり得るのではないか」といいます。

ちなみに「ジャニーズサイド」は、「亀梨和也」と「深田恭子」の交際について、これまで一度も公には認めていません。それだけに、公式見解としては「そもそも交際などなかった」ということでしょうが、「亀梨和也」からすれば「プライド」が「ズタズタ」に傷つけられたのは間違いありません。

「亀梨和也」を「“犠牲”」にした「深田恭子」の「“乗り換え愛”」は、果たして実を結ぶのでしょうか。

結婚の「タイミング」が合わなければ破局という流れになってしまうようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。