滝沢秀明社長★Snow Man増員采配★失望した&呆れた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「滝沢秀明社長★Snow Man増員采配★失望した&呆れた」の事をお伝えしたいと思います。

「1月15日」付で「ジャニーズ事務所」の関連会社「ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任し、裏方として新たな「スタート」を切った「滝沢秀明」です。この発表に伴い、「ジャニーズJr.」「内ユニット・Snow Man」の「メンバー増員」も明らかになりましたが、「ファン」からは否定的な声が続出しています。新会社立ち上げ早々、「“滝沢社長”」の「プロデュース能力」に批判が続出しています。

「17日」付の「スポーツニッポン」によれば、「ジャニーズアイランド」は、「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」が会長を務める会社で、「Jr.」の「プロデュース」と、今後の新人発掘が主な業務だといいます。「3月」には「神奈川県・横浜アリーナ」で「Jr.」「内ユニット・SixTONES、Snow Man、Travis Japan」の「単独コンサート」を開催し、社長の「滝沢秀明」」が演出を担当するようです。「Jr.専門」の「グッズショップ」、新たな「ネット番組設立」への準備も進めているといい、「滝沢秀明社長」は「今年1年いろいろ仕掛けていきたい」と、意気込んでいました。

そして、「“仕掛け”」の「1つ」が、「2月開幕」の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の「メインキャスト」である「Snow Man」の増員です。現在の「6人」に「プラス」し、「宇宙Six」の「目黒蓮」、「関西ジャニーズJr.」の「向井康二」が「ユニット」を兼任するほか、「中学3年生」の「15歳・村上真都」「まいと」「ラウール」の「計3人」が加入予定のようです。「グループ」は「9人体制」となり、「3月24日」の「横浜アリーナ公演」でお披露目されるようです。




元の「Snow Man6名」は現在「25~26歳」のため、「10歳下」の後輩がいきなり仲間入りすることになります。「村上真都」は「ベネズエラ人」の父と日本人の母を持つ「ハーフ」で、「少年忍者」という「ユニット」で活動していました。彼の場合は兼任ではなく、「Snow Man」に正式加入する模様です。「ジャニー喜多川社長」はかねてより「20年」の東京五輪を盛り上げるべく、「40人ユニット・Twenty Twenty」の結成を計画しています。「村上真都」の「パフォーマンス力」を高く評価しており、昨年「10月」にその「ユニット」の候補生として、「スポーツ紙」などで名前が報じられたほど。公表された写真でも、「村上真都」は前列の「センター」を務めています。

前述の「スポーツニッポン」によると、「滝沢秀明社長」も「村上真都」について「雰囲気がある。踊ってて輝いてる」と語り、「増員は「“新しい風を吹かせたい”」というグループの希望だったと話し「彼らも「村上への思いが」同じだった。だったら、と、ジャニーさんと相談して加入を決めた」と説明した」そうです。「村上真都」が加入する「Snow Man」といえば、「アクロバット」に定評のある「実力派グループ」で、「滝沢秀明社長」とは何度も舞台で共演するなど信頼も厚く、熱心な「ファン」も抱えています。

それだけに、突然の増員に「6人じゃなくなるなら、名前変えて別のグループにしてほしい」「兼任とか舐めてる。Snow Manのハードスケジュールについてこれるの?」「ラウールを推したいなら、ラウール中心の中高生ユニットを作ればいい。なぜSnow Man?」「目黒はまだしも、向井とラウールはファンの層も違いすぎるし、異文化交流すぎる」と、「大ブーイング」が巻き起こっています。また、「Snow Man」の「メンバー数」にかけて、歌詞に「6」や個々の名前が含まれた楽曲もあるだけに、こういった「オリジナル曲」が「歌えなくなるのではないか」と、心配の声も少なくないようです。

近年あった、「Jr.ユニット」の「メンバー増員」でいうと、「17年11月」に「5人組」の「Travis Japan」へ「松倉海斗」と「松田元太」が加入した事例があります。「松倉海斗&松田元太」は「ダンス技術」の面から見ても元の「5人」と遜色なく、現在では「ファン」に受け入れられており、この増員は成功といえるようです。「17日」付の「スポーツ報知」には、今回の人事に関して「みなさんが想像できる人では面白くない」との「滝沢秀明」の「コメント」もあり、その意味では面白いものの、「ファンの思いを最優先にしたい」という言葉とは違った結果となったようです。




「Snow Man」と「滝沢秀明」の関係性を知っている「ファン」は、「滝沢秀明」の「芸能界引退・プロデュース業転身」によって「6人」がどんな活躍を見せていくのか、大きな期待を抱いていたようです。ところが、ふたを開けてみれば「ユニット」の原型を留めない改革が行われたとあって、「初っ端からこんなハチャメチャなことやるなんて、プロデューサー向いてないよ」「今後のJr.をタッキーがプロデュースすると思うと、絶望しかない」「Snow Manを優遇しろとまでは言わないけど、ちゃんとプロデュースしてくれると思ってた。タッキーには本当に失望した」「タレント側だったのに、ファンの気持ち考えられないんだね。本当に呆れた」と、不満が高まっている状況です。

さらに、「滝沢秀明社長」が取材の場で「ジャニーさんはコンサートだけでビックリしてくれない」と打ち明け、「“独自色を濃く出していく”」方針を示唆したという報道についても、「ジャニーさんをビックリさせたいなら、引退しないで自分がタレントとしてビックリさせればいい」と、呆れた声が見受けられました。

発表直後は辛らつな「コメント」ばかり上がっているものの、いざ新体制が始まれば、「グループ」にとって良い方向に働く可能性もあるようです。「滝沢秀明社長」の采配は、長い目で見守る必要があるのかもしれないですね。

長期に渡り「6人体制」で応援してきた「ファン」にとっては受け入れがたい状況になっているのは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。