加藤シゲアキ★投票ご遠慮頂きたい★Twitter文学賞・ファン組織票苦言

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★投票ご遠慮頂きたい★Twitter文学賞・ファン組織票苦言」の事をお伝えしたいと思います。

NEWSメンバー」として「アイドル活動」を行う傍ら、「2012年」には「ピンクとグレー」「角川文庫」で「小説家デビュー」を果たした「加藤シゲアキさん」です。現在、「昨年12月12日」に発売された初の「上下巻」「チュベローズで待ってる AGE22」「「チュベローズ」で待ってる AGE32」」「扶桑社」をめぐって、「文学ファン」をも巻き込む騒動が勃発しているといいます。

第1作」を上梓した後、「閃光スクランブル」「13年角川文庫」「Burn. -「バーン」-」「14年」と順調に小説を書き進めた「加藤シゲアキさん」です。「15年」は自身初の短編集「傘をもたない蟻たちは」「」が発売となり、翌年には「処女作」「「ピンク」と「グレー」」が映画化したほか、「傘をもたない蟻たちは」も「フジテレビ系」で「続ドラマ」が制作されました。

最新の「ミステリー小説」「「チュベローズで待ってる」は「週刊SPA!」「扶桑社」にて前半部分を連載しています。後半は書き下ろしで、発売前から重版が決定したほどの話題作です。「加藤シゲアキさん」のは「アイドル」といえど、小説の仕事と正面から向き合っているだけに、「“ジャニーズが書いた本”」と揶揄される機会は少なく、「作家加藤シゲアキさん」の「ファン」だという人もいるでしょう。忙しい「アイドル業」との「バランス」を取りながら、執筆を続けている点も好感が持たれているようです。




二足」のわらじで奮闘している「加藤シゲアキさん」ですが、「2月上旬」から「チュベローズで待ってる」に関するいざこざが起こっています。発端となったのは、「Twitter」の投票で順位が決まる「第8回Twitter文学賞」です。事務局の「サイト」によると、これは「「1年間に出た新刊小説の中でおもしろかった本を1作品」だけ、「ツイート」で投票する文学賞」で、「Twitterアカウント」を持っていれば、誰でも投票が可能とのことです。「奥付が2017年1月1日から2017年12月31日」までの国内の新作小説、海外の初訳小説「文庫化や復刊は不可」からもっとも面白いと思った作品を各「1作」挙げてください。と注意事項が記載されており、国内の場合は「#jtb8」の「ハッシュタグ」をつけて「1人1作」まで投票できる大賞です。

2月3日」に投票が開始されると、「一部NEWSファン」の間で「チュベローズで待ってる」に入れるよう呼びかける動きが起こったといいます。ですが、こうした声が「“組織票”」になるのではないかと問題になり、「4日」には「Twitter文学賞」の発起人である「書評家豊崎由美氏」が、ある「ツイート」の「URL」「元の投稿は削除済み」を貼り付けながら、「こんな形でたとえ1位になったとしてもこれ組織票で1位になったんだぜw」と笑われるだけです。贔屓の引き倒しになってしまうので、やめたほうがいいと思うのです。と、注意を喚起したのでした。

その後の「ツイート」でも、「加藤シゲアキさんは」「キャリアアップ」や話題作りのために芸能人が小説を書くそうした片手間仕事ではなく、「ミステリー」という「ジャンル」に「リスペクト」をもって小説を書いている人とも思います。そんな小説と真面目に向き合っている「加藤シゲアキさん」が、「Twitter文学賞」で自分の小説に投票しようなんて組織票の呼びかけがあることを知ったら、どう思われるでしょうか。などと、「ファン」に向けた「メッセージ」をつづりました。

同氏は別の投稿においても、「「加藤の本だから」と投票せず、「この小説が面白かったから」といった理由での「1票」であってほしいと、主張しています。ある「Twitterユーザー」から、「加藤シゲアキさん」への投票について「組織票」と「真摯な票」をどう仕分けるのかと質問が寄せられたところ、ちなみに、これまでいただいた票を「これは組織票」「これは真摯な票」と選別するようなことはありません。それは誤解なきように。皆さんの票は一律「1票」として「カウント」させていただきます。と、説明していました。

一連」の「豊崎由美氏」の「ツイート内容」が「加藤シゲアキさん」の耳に入ったのか、本人は「公式携帯サイトJohnny’s web」の連載「シゲアキのクラウド」「2月7日更新」で、「Twitter文学賞」の話を切り出しました。「1人」の「“本好き”」として、毎年その結果を楽しみにしていると明かした上で、「僕の拙著に投票しようと呼びかける方までいらっしゃるそうです」と、今回の騒ぎに言及しました。そうした気持ちは「素直に嬉しい」と前置きしつつ、「一アイドルとしての僕を応援したいという気持ちから投票するのであれば投票はご遠慮頂きたいとお願いしたいです」と、苦言を呈しました。さらには、「Twitter文学賞」を楽しみにしている人々に「不快な思いをさせたくない」などと、率直な思いをつづっています。自分がこの話に触れることで、応援する「ファン」の気持ちを「無下にしてしまったかも」とも謝罪しており、彼の葛藤が感じられました。




加藤シゲアキさん」の告白に対し、「ファン」の間では「「シゲがちゃんとしてる人でよかった投票を呼びかけるなんて、「シゲが喜ぶわけない」「ズバッと言ってくれて気持ちよかった」「本当に小説がよかったという意見も色眼鏡で見られちゃうから残念本人にこんなこと言わせちゃいけない」と、支持する声が多く出ていました。

また、「豊崎由美氏」は「NEWSファン」から「クラウド」の更新について報告を受け、「7日」「午後10時台」に「加藤さんが小説に真面目に取り組んでおられることはわかっているつもり」としながら、「加藤シゲアキさん本人にまでご心労をおかけしたこと申し訳ありませんでした」と、本人へ向けてお詫びしました。

Twitter文学賞」の投票締め切りは「今月12日」で、結果は「3月3日」に発表される予定です。「7日夜」の段階でも「作家・「加藤シゲアキの作品として面白かった。「アイドル加藤シゲアキが好きだからとかそんな理由じゃありません」という理由で「「チュベローズで待ってる」に投票する人も見受けられるだけに、同作が何位に「ランクイン」するのか期待が高まります。

アイドル」と小説家を両立する中で、ついに不本意な「トラブル」と対面してしまった「加藤シゲアキさん」ですが、今後も積極的に執筆活動を続けてほしいものですね。

加藤シゲアキさん」の実力を認めるのであれば組織票を投じるのは「ファン」としては失礼だと思いますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。