山下智久★インハンド情報漏洩★イブニングHP★フライング掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「山下智久★インハンド情報漏洩★イブニングHP★フライング掲載」の事をお伝えしたいと思います。

「山下智久」が漫画原作の「新作ドラマ」で主演を務めることが「“フライング情報”」によって発覚し、「ファン」の間で騒ぎになっています。青年漫画誌「イブニング」「講談社」の「公式サイト」に次号の表紙が掲載されたことで、「医療サスペンス」の実写化に「山下智久」が挑戦すると明らかになりました。

「2017年7月期」の主演作「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」「フジテレビ系」は「平均視聴率14.6%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同」を「マーク」し、昨夏公開の「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」も、「興行収入90億円」超えの大記録を打ち立てた「山下智久」です。俳優としての次回作に注目が集まる中、「イブニング」の「公式サイト」に「1月22日発売号」の表紙画像が掲載され、そこには「山下智久主演ドラマ化決定!!」「山下智久が天才学者に!!」「TVドラマ化!!インハンド」といった文言が並んでいたのでした。事態に気づいた「ファン」が「Twitter」などで情報を拡散し、新仕事の決定に歓喜の声が続出しています。




「インハンド」とは、「漫画家・朱戸アオ氏」が手がける作品で、「イブニング」の「サイト」によれば、主人公は「傲慢で大金持ちの天才学者・紐倉哲」で、「専門は寄生虫だが、知的探求心豊かでその知識は幅広い」という「キャラクター」のようです。「2016年」に「月刊アフタヌーン」「講談社」にて連載された「ネメシスの杖」「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」の「主人公・紐倉智」を描く「医療サスペンス」として、昨年「10月23日」発売号の「イブニング」より連載が「スタート」しています。

連載中の「マンガ誌」によって、「フライング」で情報が広まった状態ですが、過去にも同じ「ケース」が「ファン」を騒がせてきました。「15年公開」の「Hey!Say!JUMP・山田涼介主演映画」「暗殺教室」では、登場する謎の生物「殺せんせー」について、その声優役が誰なのか「公開ギリギリ」まで伏せられていました。そんな中、「暗殺教室」を連載している「週刊少年ジャンプ」「集英社」の表紙や誌面の画像が発売前に「ネット」上に出回り、「殺せんせー」役が「二宮和也」と判明しました。公開当日の「サプライズ」になるはずでしたが、妙な「タイミング」で表沙汰になってしまいました。

「山下智久」の「ドラマ情報」が書かれた「イブニング」は、「18日」午前の段階では「サイト」上で確認できたようですが、事態を察知したのか、午後には表紙画像が消されてしまったようです。問題の表紙を見る限り、「局や放送枠、共演者」といった詳細は不明ながらも、「山下智久」の「ファン」は「山Pのドラマ情報、信じていいの?ホントならうれしすぎる!」「新ドラマ決定おめでとう。いつ放送されるのか、今から楽しみで仕方ない」と、大興奮しているようです。

また、「山下智久」自身は昨年「12月16日」深夜放送の音楽番組「Love music」「フジテレビ系」で、司会の「アンジャッシュ・渡部建」に来年「2019年」の予定を聞かれた際、「来年はちょっとお休みもありつつ、でもたぶんまた演技の方もさせていただく形になるのかな、みたいな」と、話していました。これにより、「ファン」は「演技=ドラマ」や映画出演に期待を抱いていたため、「あの発言は「インハンド」のドラマ化だったのね!」と、「“匂わせコメント”」の謎が解けたと喜んでいます。




「山下智久」といえば、「コード・ブルー」が「連ドラ、劇場版」ともに「大ヒット」しただけに、今作の視聴率も期待されていることでしょう。

高視聴率の「コード・ブルー」のほか、近年の主演作の数字は「5→9~私に恋したお坊さん~」「2015年」が「平均11.7%」、「SUMMER NUDE」「2013年」は「平均12.7%」と、「2ケタ」を記録しました。「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」「2009年」も「平均14.4%」と高視聴率を記録していて、これらは全て「フジドラマ作品」でした。「山下智久」と「フジテレビ系」は相性が良いのか、好成績を残すことが多い一方で、他局の出演作を見ると、「アルジャーノンに花束を」「TBS系、2015年」は「平均8.6%」、「KAT-TUN・亀梨和也主演」で「山下智久」が「メイン出演」した「ボク、運命の人です。」「日本テレビ系、2017年」も、「平均9.5%」といまいち振るわず。今作の「インハンド」は「TBS系」の「4月期放送」なので、「フジテレビ系」に並ぶほどの数字を出せるのか、業界内でも関心が高まっているようです。

ひとまず、「インハンド」の正式発表、共演者などの続報を待ちたいですね。

情報漏洩だとしても「ファン」にすれば「コード・ブルー」に続く「大ヒットドラマ」にしたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。