大倉忠義★小学生に語りかける★こんなポカーンとするか★思わず苦笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★小学生に語りかける★こんなポカーンとするか★思わず苦笑」の事をお伝えしたいと思います。

「1月19日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」では、「大倉忠義、安田章大、丸山隆平」が登場し、新企画「関ジャニ∞先生」に挑戦しました。

この新企画は、「関ジャニ∞メンバー」が小学生の先生となり、「アイデンティティー」や「ケースバイケース」など、ちょっと難しい言葉の意味を教えるというものです。教育評論家の「尾木ママ」が、「3人」のうち、一番教え方が良かった人を決めるというのでした。




まず、「小学2年生」から「5年生」まで「6人」の小学生たちがいる教室に入って来た「大倉忠義」は、小学生を見るなり、「あら、かわいい」と一言。「スーツ」を「ビシッ」ときた「大倉忠義」は、まるで教育実習生のようです。自然な流れで子どもたちと会話をして「リラックス」した「良いムード」になりました。

そこで今回の教える言葉が「キャパシティー」「人や物を収容できる容量や、物事を受け入れる能力のこと」と伝えられると、「わかるか!」と「バッサリ」。そして、後ろ髪を触りながら「英語をやっている子っている?」と問いかけると、突然、「りほちゃん」「小5」が「先生。困った時って後ろ髪触るクセってあるんですか?」と発言します。「大倉忠義」は恥ずかしそうな顔をして、「あ、これ?そういうの見られてた?今触ってたな。困ってる今」と笑顔で答えるのでした。

「じゃ例えば、飯くうやんか。ご飯食べたら胃の中に入って行く。どれだけこの胃の中にご飯が入るかっていうのが、その人の持っているキャパシティーってことなの」と説明したところ、子どもは「よくわからない」と言われる始末です。




その後、「大倉忠義」は違う説明をするものの、子どもたちは「ピン」ときてないようで、「こんなポカーンとするか」と笑いながら愚痴をもらします。ですが、試行錯誤を繰り返した後、黒板に四角を書き、「これ部屋としよ。この中に何個机が置けるか。これがこの部屋の限界やねん。これ以上、机とイスを置けない。40個机を置ける部屋の広さ。これがこの部屋の限界。これがキャパシティーなのよ」と説明すると、子どもたちは「制限みたいな感じ?」「なんとなくわかった」と理解した模様です。授業を終了した後、子どもたちに「キャパシティー」を使って文章を書いてもらったところ、「たいし君」「小5」は「ぼくのお母さんが食べられる量は、ぼくのキャパシティーの倍です」と応用した内容を書いてくる子も出現しました。「スタジオ」からは拍手が上がるのでした。

その後、「安田章大」が「コンセンサス」、「丸山隆平」が「さもありなん」に挑戦しましたが、「尾木ママ」が一番に選んだのは、「大倉忠義」でした。「教育実習だったら優つけられます」とお墨付きをもらうのでした。

この放送に対し、「SNS」では「見たけど 大倉先生すごいね!私的には安田先生 いいと思った!」「こんな先生いたら、間違いなく皆勤賞」「大倉くんすげえ!」などの声が集まっていました。

何とか子供たちに伝えようとしている気持ちが伝わってくるような授業内容でしたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。