伊野尾慧★ニューアカオへの思いを明かし★泣いちゃう連呼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★ニューアカオへの思いを明かし★泣いちゃう連呼」の事をお伝えしたいと思います。

「1月19日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、先週に引き続き、「伊野尾慧、知念侑李、八乙女光、有岡大貴」が登場しました。「チーム」に分かれ、熱海の名店を探す対決が放送されました。

制限時間「90分」で「1日の最高売り上げ数を叩き出した」店を見つけ出す「いただき名店探し隊〜熱海編〜」です。「知念侑李&伊野尾慧チームVS八乙女光&有岡大貴チーム」の「2チーム」に分かれ、「ロケ」が敢行されました。




「子どもの頃、毎年「熱海に」海水浴にきてた。家族で」と話す「伊野尾慧」は、「その時泊まっていたのがホテルニューアカオです」と、「ロケ現場」から見える「ホテル」を指さしながら紹介しました。「俺、久しぶりに見て泣きそうになってるもん。懐かしくて」と、目を潤ませながら告白しました。さらに、「伊野尾慧」は「ロケ」中も、「ホテルニューアカオ」への気持ちが抑え切れず、「入口に和菓子みたいなの売ってた気がするんだよ。ホテルニューアカオ行く?」と「知念侑李」を誘い、急遽「タクシー」で「ホテルニューアカオ」へ向かいました。

「ホテル」に到着すると「懐かしい。うーわ、変わってない!」と「16年」ぶりの光景に喜びながら、「ホテル」から撮影許可がでると「俺、うれしい。泣いちゃう」とうれしさを隠し切れない様子でした。「伊野尾慧」は、小学生の時に自由研究で「ホテルで働くひとたち」という「ホテルニューアカオ」の従業員を「テーマ」にした新聞を作ったこともあるほどで、思い入れは格別のようです。

「当時、毎回必ず水まんじゅうみたいのを入口のレセプションで食べてたんですよ」と、最後に食べたのは「16年前」にもなる水まんじゅうのことを尋ねると、「水まんじゅうは季節限定で夏しか置いてない」ということが判明しました。「伊野尾慧」は、「あー」と言いながら、その場に倒れこむのでした。




ですが、今「ホテル」で販売中のまんじゅう「月光の松」を勧められ、「テンション」は下がりながらも食した「伊野尾慧」は、「ここに座って甘いもの食べただけで、やっぱ当時のこと思い出して泣きそうです」「子どもの頃見る景色と、また大人になって見る景色、違うのよ。私はこの長い人生でいろいろ変わってしまったかもしれないけれど、ニューアカオは変わってない。一つも変わらないで、その良さのままいてくれてる 泣いてもいいですか?」と、またしても目を潤ませるのでした。

肝心の対決はというと、「知念侑李&伊野尾慧チーム」が「熱海餃子 濱よし」の餃子で「300皿」。「八乙女光&有岡大貴チーム」が「熱海プリンカフェ2nd」の「熱海プリン2,500個」と、圧倒的勝利をおさめるのでした。

この放送に「SNS」では、「伊野尾くんの思い出すべてが可愛いし、愛おしいし、なんの文句も言わずに付き合う知念ちゃん最高に良い子」「水まんじゅうがなくて、ガチでショック受けてる伊野尾くんかわいい」「ホテルニューアカオ、いいホテルだよ。夏もいいけど春の熱海は梅もあるし少し行くと桜も見えるし良いよ!」などの「コメント」が集まっていました。

子供の頃の思い出をいつまでも大切にしていることは純粋な気持ちを持ち続けている証でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。