村上信五★カウコンについて★中間管理職ってこういうこと★自身を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★カウコンについて★中間管理職ってこういうこと★自身を語る」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「20日」深夜に放送されました。

この日の「トークテーマ」は「成人式」とのことで、「リスナー」からは「成人式」に関するさまざまな話題が集まっていましたが、新成人や来年成人を迎える「リスナー」からの「メッセージ」を取り上げると、「すげえなあ!20歳の子がまだ聞いてくれてんねんな?今日だけで2人も「笑」。びっくりしたわ」とその若さに驚きました。その中には、「村上信五」が「20歳」の頃に「2歳」だったという「リスナー」もおり、「村上信五」はしみじみと、「18違うってことか。こういうのが出てくるってことやもんな。Hey!Say!JUMPとかも、そうやったわけだからなあ」としみじみつぶやいていました。




「村上信五」は、若い「リスナー」がどのような感覚で「ラジオ」を聞いているのか気にしつつ、

「「ジャニーズカウントダウン」でも「年男企画」とかやるけど、俺、猪やけど去年の戌年の時に出て。城島「茂」リーダー「TOKIO」がいて、俺とか櫻井翔「嵐」とかいて。それでもう一個その下がいるから。リーダーどんな気持ちだったんだろう、って「笑」。「24「歳差」っすよ!?」とか言って。いや、すげえっすよ」

と、「ジャニーズ事務所」内でも干支が「2周」するほど年の差が出ていると、冗談交じりに話していました。さらに、




「城島リーダー、第一線でバリバリやってて格好いいっすわって話してたんですけど。でも当初、「カウントダウン」っていうものが始まった頃からすると、「考えられへん」っておっしゃってたもんね。二回り下の世代と同じ車乗って、「ありがとう!」とか言ってるわけやから」

と「ジャニーズカウントダウンコンサート」が当初、「TOKIO、V6、KinKi Kids」の「メンバー」で結成された「J-FRIENDS」の「チャリティーコンサート」して始まったことについても触れた「村上信五」。「そういう意味ではね、僕はちょうど間やったから。中間管理職って、こういうことなんかなっていうね」と中継ぎの「ポジション」にきていることへの心境を明かしていました。

とはいえ、自身の若い「ファン」については「でも、そんな世代も見てくれてるんやなって意識はありますよね」と感慨深く語った「村上信五」でした。「カウントダウン」についても、「やっぱほかのグループとか集まった時に、うちわとかも新鮮やからね。Sexy Zoneのファンの子らとかもね。Jr.のグループもいっぱい出てたから。いや面白かったですよ」と回顧しました。若い「グループ」に触れたことで刺激を受けたようですが、とはいえ、「ここ「若い世代」に照準合わせたら、俺のいいところ出えへんで!」と、若い「ファン」に合わせるのではなく、今後も自然体の活動を続けていくことを語っていました。

「ジャニーズアイドルグループ」の中では「中間管理職」の立場にあるのは間違いないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。