岩橋玄樹★24時間テレビメインパーソナリティー★復帰プラン計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「岩橋玄樹★24時間テレビメインパーソナリティー★復帰プラン計画」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「5月」に「デビュー」した「ジャニーズ事務所」の「King&Prince」「以下、キンプリ」が、今夏の「24時間テレビ」「日本テレビ系」の「メインパーソナリティー」の大役を務め、そこで「パニック障害」により現在芸能活動休止中の「岩橋玄樹」の「復帰プラン」があることを「キャッチ」しました。「デビュー曲」が「大ヒット」し、「NHK紅白歌合戦」にも初出場した「キンプリ」に「岩橋玄樹」が戻れば久々の「“完全体”」となります。わずか「2年目」で「24時間テレビ」の「メイン」を張れば、「ジャニーズ史上最速記録」となります。

「24時間テレビ」は「日本テレビ」が総力を挙げて放送する看板番組です。「2003年」に「メインパーソナリティー」が設けられて以来、「ジャニーズ事務所」の「タレント」が務めていますが、今夏は「キンプリ」を起用する「プラン」が検討されているといいます。

ある「テレビ局関係者」がこう声を潜めています。

実は、そこで「岩橋玄樹」が復帰するのでは?と言われているんです。体調にもよりますが、仮に完全復帰が難しくても現状報告企画は可能でしょう。「パニック障害」で苦しむ「岩橋玄樹」が頑張ってここまで回復したんだということを示せれば、視聴者への強い「メッセージ」にもなります。どう転んでも復帰の舞台としてはむしろうってつけなのです。関係者の間で極秘に進められています。

昨年「5月」に「デビュー」したばかりの「キンプリ」がいきなり「メインパーソナリティー」に抜てきされるのは考えにくいかもしれません。実際、「03年」の「初代メインパーソナリティー」を務めた「TOKIO」の「デビュー」は「89年」でした。「デビュー99年」の「嵐」でさえ「5年」かかっています。




ですが、これまでの「ジャニーズ所属アーティスト」とは異なり、「キンプリ」はいきなり「大ブレーク」してます。「モノ」が違うようです。

確かに「デビュー曲」「シンデレラガール」は累計「70万枚」近く売り上げる「大ヒット」となりました。「オリコン」の昨年の「年間ランキング」でも「同シングル」は「10位」に「ランクイン」しました。「11位」の「嵐」の「夏疾風」を抑え、「ジャニーズ」内で「トップ」に立ちました。それだけに、「キンプリ」が先輩たちを差し置いて、「デビュー2年目」で「24時間テレビ」の「メイン」を務め、「“ジャニーズ史上最速記録”」を打ち立てても何ら不思議ではないようです。加えて「岩橋玄樹」復帰の名目があれば、さらに話題となり注目度も「アップ」、高視聴率にもつながるのは間違いありません。

別の理由もあります。

初出場を果たした昨年の紅白歌合戦の「リハーサル」の時のことでした。「メンバー」の「平野紫耀」が「休養中の岩橋玄樹の分も、思いをのせて頑張りたいと思います」と話せば、「岸優太」も「僕たちは待っているし、「岩橋がいつ帰ってきてもいいように」準備はできている」と復帰を待つ姿勢であることを明かしたことがありました。

また、本番でも「岩橋玄樹」の「ポジション」を空けて「パフォーマンス」をし、「ステージ」上には「5人」ではなく「6人分、6色」の「スポットライト」が照らされました。

「キンプリ」の「メンバー」は紅白の場だけでなく、出演している舞台の取材の場でも、自分たちから積極的に「岩橋玄樹」の話を持ち出しているようです。これは「ジャニーズ」の別の「グループ」ではありえない話のようです。「キンプリ」同様、昨年「11月」に「Sexy Zone」の「松島聡」が、「パニック障害」で活動休止を発表しましたが、残された「メンバー」は「松島聡」の話は絶対にしようとはしません。むしろ聞かれては困るという表情を見せます。今までの「ジャニーズ」なら、いない「メンバー」の話はしないというのが当たり前でした。




積極的に話す裏には、すでに道筋ができている「ケース」が多いようです。つまりこの動きこそ、復帰への伏線づくりというわけになります。

前出の「テレビ局関係者」は「例えば、「今年はドームでコンサートがしたい」と発言した場合、実はすでに「ドーム公演」が決まっているけど、発表はできないから「したい」との表現にとどめておく「パターン」が多いんですよ。「キンプリ」の「メンバー」が「岩橋玄樹」の名前を連呼するのも同じで、近く復帰する道筋は、できているということです。そうでなければ「メンバー」が軽々しく「復帰を待つ」なんて言えないですよ」と分析しています。

もちろん道筋が決まっているからといって、相手が病気なだけに必ずしも予定通りにいくとは限りません。それでも復帰の「タイミング」まで「メンバー」は、世間から忘れられないように「岩橋玄樹」の名前を常に出していくといいます。

果たして「24時間テレビ」に「岩橋玄樹」は出演するのでしょうか。今から「ファン」は気をもみそうですね。

「復帰プラン」が実現すれば「岩橋玄樹ファン」にとっては一生忘れられない最高の「24時間テレビ」になるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。