伊野尾慧★イノ調★1級建築士がしがちな設計を指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★イノ調★1級建築士がしがちな設計を指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「1月24日」に放送されました。

この日の「伊野尾慧」の「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「先週、無事にHey!Say!JUMPのライブツアーが終わったんですけども」と切り出し、「マット」の上で座禅を組んで向き合う、自身と「有岡大貴」の「ツーショット」を披露しました。「今回のツアーからメンバーの有岡と本番前に瞑想をするということをやってて」と「コメント」しました。「三宅正治アナウンサー」からは「本当に?このネタのためにやってるんじゃないの!?」と「ツッコ」まれていたものの、「伊野尾慧」は「本当です!伊野尾ピクチャーのために捏造するわけないじゃないですか!」と笑いながら釈明しました。「有岡が携帯電話で音声を流してくれて、それに合わせて集中力を高めるというのをやってました」と話し、効果を聞かれると「効果抜群ですよ!」と話していました。




その後に放送された「イノ調」「コーナー」では、「なぜここに?変わった土地に建つ一級建築士の家」を特集しました。三角形やいびつな形の土地に建てられた家を取り上げ、「建築アイドル」を名乗る「伊野尾慧」の「得意ジャンル」となっていました。

まず取り上げられた三角形の土地の家では、天井が高く、天窓などで光が取り入れられる工夫などを「伊野尾慧」が紹介しました。お風呂を見せてもらうと、「やっぱりそうですよ。1級建築士さんのお風呂、ガラス張りにしがち」と言いつつ、景色の抜けの良さに感心していました。「僕も大人になったらこういう家に住みたいなと思いました」と「コメント」しました。

続いて、いびつな土地の家は「“片持ち梁”」の階段が設置されており、飼い犬と戯れながら階段に腰掛け「雑誌の表紙撮れるよ!」と上機嫌でした。また、このお宅には家電などを音声などで操作できる「IoT」が取り入れられており、「伊野尾慧」は始終「すげー!」と感動していました。家主に話を聞いている間も、「伊野尾慧」の手をべろべろ舐める犬に「おててを舐めろとは言ってないぞ!」と「ツッコミ」を入れたりと、「伊野尾慧」自身も楽しんでいたようでした。




「VTR」終了後には「スタジオ」で、「いびつな土地をデメリットと考えてしまいがちなんですけど、そこをうまく料理していくことでプラスにしてくというのが素晴らしいと思いました」と「コメント」しました。

この日の「テーマ」に視聴者からは、「注目すべき点をしっかり伝えてくれてるからわかりやすいし興味深いなあ」「いつか30分でもいいから伊野尾くんのお宅訪問番組が見てみたい」「犬に手をペロペロなめられてるのを見て、朝から癒やされました」「イキイキしてる伊野尾くんが楽しそうでうれしかった」というさまざまな感想が上がっていました。

「ファン」は「伊野尾慧」の「VTR」が流れれば幸せな気持ちになれるんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。