手越祐也★ドームコンサート★問題の衝撃理由★パニック状態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「手越祐也★ドームコンサート★問題の衝撃理由★パニック状態」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」は「CDデビュー15周年」の「アニバーサリーイヤー」とあって、「3~5月」に「アリーナツアー」を開催し、夏は「東京・味の素スタジアム」での「記念ライブ」と、大忙しだった「NEWS」です。年末年始は「12月31日、1月1日」が「京セラドーム大阪」、「1月6日」と「7日」に「東京ドーム」で「NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-」を行いましたが、本番ならではの「アクシデント」に見舞われたといいます。「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ、1月23日放送」にて、「手越祐也」と「増田貴久」が「ドームコンサート」の舞台裏を明かしました。

「オープニングトーク」で、昨年は「ライブ」の多い「1年」だったと振り返った「2人」です。音楽番組などを含めて歌う機会が多かったためか、「手越祐也」は「年末のちょっと特番の時に、1回喉やっちゃってさ。点滴しに行ったもん」と、災難を報告しました。「手越祐也」と「増田貴久」は「テゴマス」として、「CDTVスペシャル! クリスマス音楽祭2018」「TBS系、12月24日放送」で「久保田利伸、DA PUMP」の「ISSA、CHEMISTRY」という「豪華アーティスト」と一緒に名曲「LA・LA・LA LOVE SONG」を熱唱しましたが、これが「絶頂に声出ない時」だったようです。「悔しかった」と漏らしつつも、「突然、声出なくなっちゃって「笑」。で、みんなで打ち合わせしてる時に俺、抜けて点滴しに行くっていう。ハハハハハ!」と、明るく笑い飛ばしました。

年末年始の「ドームコンサート」は喉の不調こそなかったものの、一部公演で「ハプニング」が発生したようです。「手越祐也」は「俺とシゲちゃん「加藤シゲアキ」の「マイク」が「1箇所」入れ替わっていたことがあるの。1月7日の東京ドームで。「チャンカパーナ」を歌った時に。マイクが入れ替わっちゃってたのよ」と、切り出しました。「テゴマス」の「2人」いわく、「マイク」はそれぞれの声の大きさに合わせて設定されており、もともと声量のある「手越祐也」のものは小さめに調整していたようですが、「俺のマイクがシゲのマイクになっちゃうじゃん。「自分の声が」超デカかったからね。マジで、本番の音源みたら、俺の声しか聞こえない。シゲのマイクで歌っちゃってるから。えらいこっちゃよ」と、異常事態を告白しました。




歌声は耳に装着する「イヤーモニター」を通して聞こえるそうで、「増田貴久」も「パニックだよ、手越の声しか聞こえない。でも、俺はそのマイクが入れ替わってるって知らないから、「手越が」テンション上がってるなぁ~と思ったけど」と、当日の心境を打ち明けました。「手越祐也」は次の曲へ向けて「どうしよう」と困惑しながら、「チャンカパーナ」の「ワンコーラス」を歌った後、「加藤シゲアキ」と立ち位置が隣だった「タイミング」を見計らい、「マイク」を「スッて変えた」といいます。

「手越祐也」が「シゲの声が俺の耳に返ってきてて、シゲは俺の声が入っちゃってるから、お互いわかるわけよ。ハッっと思って。まぁでも、ライブはやっぱハプニングあるからね」と冷静に述べたところ、「増田貴久」は「まぁでも、もともとそのマイクが入れ替わったっていうのは、手越のせいなんだけどね」と、「チクリ」。この指摘を受け、「手越祐也」は一緒に「パーソナリティ」を担当している「フリーアナウンサー・宮島咲良」に向けて、

「俺が反対側にはけちゃったの、前の曲だよね。違うスタッフに俺、マイクを渡したんよ。そしたらそのスタッフも、俺からマイクを渡されるはずがないから、テンパっちゃって。「チャンカパーナ」ってマイクスタンド「で歌う」じゃん。あれにそれぞれつけた状態でセットしてあるんだよ。それを逆につけちゃったの。普段、その人はシゲからマイクを受け取る人だったの。で、2個受け取っちゃったわけよ。それで「マイクスタンドに」逆につけちゃったの」

と、説明しました。どうやら、そもそも「手越祐也」の「ケアレスミス」がきっかけで「マイク」が切り替わってしまい、曲中に対応せざるを得なくなったようです。また、番組内では「1月1日」の「京セラドーム公演」を見た「リスナー」のお便りも紹介しました。「「チャンカパーナ」が始まった際、手越くんだけがいなくて、あとから遅れてステージに上がって来たと思うんですが、何かあったんですか?」と質問が寄せられ、「手越祐也」本人は「寝てました」と、一言。衝撃的な理由に対し、「宮島咲良」が「ウソだろ!? やめろよ プロやめろよ「笑」」と呆れ返ると、「手越祐也」は「ちゃう、ちゃう、ちゃう」と訂正しました。日にちは異なりますが、これも「チャンカパーナ」前の「スタンバイ」中の出来事だといい、




「その前、バンドの皆さんが素晴らしい演奏をしてくれてるわけ。で、そのまま「チャンカパーナ」のイントロにつながって、俺らが踊り出すっていう演出だったんだけど。裏で着替えバーッてやって、その、舞台監督のね?「NEWSさん出てください」っていうキュー「指示」を待ってたの。ただ、耳にイヤモニっていうの俺らしてるじゃん。そこに返ってくるはずだったんだけど。たぶん、俺のモニターを下げちゃってたんよ。で、俺ずっと待ってたんだけど来ないわけ、キューが。全然いつまでたっても。えっ、あれ?こんな長かったっけ?って。演奏 っていったら「タラララッ♪タラララッ♪」って始まってたんよ。マジかーい!って思って。で、もう出るしかないよ。ノソノソと。始まっちゃったよ~!みたいな」

と、思い返した「手越祐也」でした。言い訳を聞いた「増田貴久」は「いや、これはもうだから、人に頼ってるからだよね」と突き放し、「手越祐也」が「違うー!」と抵抗を示すも、「俺は、もう「NEWSさん出てください」の時には、なんなら俺はもうステージの上にいたからね」「増田」と、自慢げに言い切りました。他人の「ミス」を責める流れで「悪ノリ」する「増田貴久」に、「手越祐也」は思わず「それは早い」「「ステージに」いちゃいけねぇーんだよ」と「ツッコミ」ました。あらためて、「増田貴久」は「普通に、手越出遅れたんだなと思った。だから俺、やっぱそういうのってジャニーズJr.の頃から、「臨機応変、どんな時でも対応しろ」みたいな教えがあるんで。俺、「ジャラララ♪」の瞬間に「手越のポジションを埋めるために」センター入ってるからね」「そういうのはもう、右足が勝手に動くよね」と、「“ドヤ顔”」が想像できる口ぶりで話していたのでした。

「3月」に始まる「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」では、こうした予想外の展開が起きないことを願いたいものですね。

「手越祐也」も「増田貴久」も「トラブル」を回避できるまでに場数を踏んできているのが良く分かりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。