櫻井翔★花束を抱えた上田竜也★全力で守りたい告白を受ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「櫻井翔★花束を抱えた上田竜也★全力で守りたい告白を受ける」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「1月24日」に放送されました。この日の対戦相手は「カンニング竹山」率いる「チームイノシシ年」でした。

「オープニングトーク」では、放送日の翌日に「櫻井翔」が「37歳」を迎えるということもあり、誕生日の話題が中心になりました。「メンバー一同」しみじみとしていましたが、番組恒例となっているお母さんへの「メッセージ」に、「櫻井翔」は「もう37歳。あなたとはケンカしない!」と宣言します。「メンバー」から「そりゃあそうだよ!」と一斉に「ツッコ」まれていました。




そんな中、「プラスワンゲスト」として登場したのは、なぜか花束を抱えた「KAT-TUN・上田竜也」でした。登場早々に「櫻井翔」に駆け寄ると、「兄貴お誕生日おめでとうございます!」と花束を渡し、爆笑をさらっていました。「相葉雅紀」に「いまだかつていないよ?あそこ「ゲストの登場口」で花持ってた人」と言われると、「兄貴が誕生日だと聞いたんで」と説明しました。意気込みを聞かれると、「対戦相手の方が兄貴のことイジったりしたら、全力で守りたいと思います!」と舎弟感全開で、初っ端から「櫻井翔愛」を見せていたのでした。

また、「二宮和也、松本潤」が「1983年」生まれの「イノシシ年」生まれとの話が展開されると、「ゲスト」の「上田竜也」も同じ「イノシシ年」と判明しました。ほかにも「風間俊介、KAT-TUN・中丸雄一、関ジャニ∞」の「丸山隆平」など、「ジャニーズ」内には「イノシシ年」が多いとのことでした。「ゲスト」の「三四郎・小宮浩信」が「あとファミコンが生まれたのも1983年」と語ると、「櫻井翔」は「確かに、ニノと松潤がずっと言ってるのは、「俺らファミコンとディズニーランドがタメだから」って」と、「2人」の口癖を披露しました。これに対して、「二宮和也」は「それしか誇れるものがないから」と謙遜するのでした。

最初の「ゲーム」「スライダースマッシュ」で「センター」に配置された「上田竜也」は、「ディフェンスゾーンってなってるんですけど、上、ぶっ壊すつもりでいきます!」と闘争心をあらわにします。宣言通りの活躍を見せ続けていました。ですが、合間の「トーク」では「“最近の悩み”」として「職質が止まらないんですよ」と、警察からしょっちゅう職務質問を受けていることを告白しました。

「松本潤」から「KAT-TUNだろ、オマエ」と「ツッコミ」を受けるも、「上田竜也」は「友だちと飯食って帰ったりすると、目の前にパトカー停まったりして。駆け寄ってきて、「最近、この辺危ないから、キミなにか危ないもの持ってない?」って」と警察官数名に囲まれてしまうことを明かしました。「もう慣れましたね」という「上田竜也」でしたが、実際に歩いてもらうと、「威圧感がある!」といった声が上がり、歩き方を「スキップ」に変えてみたものの、逆に怪しくなるのでした。




最後の「ゲーム」は「ボンバーストライカー」です。「ラスト、嵐」の「ターン」で迎えた点差は「840点」でした。「嵐」が負けそうな状況に「上田竜也」は、「ただ僕あんまりボウリング得意じゃないんで」「いや、頑張ります!」と葛藤し、「プレイ」に励むも、あと一歩及ばずでした。「櫻井翔」が最後の「ピン」を倒せば逆転可能だっただけに、責任を感じた「櫻井翔」は座り込んで落ちこんでしまったのでした。

それに素早く駆け寄ったのが「上田竜也」でした。「何が足りなかったですか」と言う「櫻井翔」に、「いや、俺のせいです!」「兄貴は悪くないっす」と声をかけるも、「僕もいけなかった」とまた落ち込む「櫻井翔」です。ですが、「上田竜也」から改めて「お誕生日おめでとうございます」と力強く祝福されると、機嫌を直して「ありがと~う!」と「ハグ」を交わしたのでした。

そんなこの日の放送に視聴者からは、「上田くんの舎弟感やばすぎた!本当に大好きなんだね!」「KAT-TUNファンにとっても神回だったわ」「上田くんにこれだけ慕われる翔くんもすごいなー!」といった声が集まっていました。

「上田竜也」の「櫻井翔愛」を目の当たりにすれば「嵐メンバー」も「ファン」も認めざるを得ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。