加藤シゲアキ★ペットブームの裏側★衝撃!もうそんな時代なんだと驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「加藤シゲアキ★ペットブームの裏側★衝撃!もうそんな時代なんだと驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「1月25日」深夜の放送回では、「ペットブーム」の裏にある実態を取材しました。

現在、日本で飼われている犬や猫の数は、「約2,000万匹」「出典:一般社会法人ペットフード協会」です。およそ日本人の「6人」に「1人」が飼っている計算となります。ですが、その「ペットブーム」の裏では、飼えなくなった「ペット」をお金で引き取り、衰弱死させる「悪質業者」や、不妊手術をせず無計画に「ペット」を増やして飼育不可能となる「多頭飼育崩壊」などさまざまな問題があり、「1年間」で犬猫が殺処分される数は「4万3,227匹」というのが現状のようです。「出典:環境省」




今回、「加藤シゲアキ」は「ペットオークション」の現場に潜入しました。世の中の「ペットショップ」に並ぶ犬や猫は、犬猫を繁殖している「ブリーダー」から「ペットオークション」を通じて店に来るという流れです。現場には、「A・B・C」と「3台」の「モニター」が並び、それぞれに白衣の男性が抱えた子犬の「アップ」と子犬の「種類、生年月日」などの情報が「20秒」ほど映し出され、「3匹同時」に競りを開始します。これを、「ペットショップ」の「バイヤー」は、「ポス」という「リモコン」で入札していく「システム」です。「週1回」の開催で、「1日」の取り引きは「約800匹」といいます。

「値段っていうのはどうやって決まってるんですか?」と「加藤シゲアキ」が質問すると、「関東ペットパーク」の「上原氏」は、「1年間の合計の平均値でスタートします」と、「犬種・猫種」の「1年間」の平均落札価格から開始すると返答しました。

そして、この日、「加藤シゲアキ」が一番驚いたのが、落札された犬に獣医が「マイクロチップ」を装着している場面でした。迷子や災害時に、「ペット」の飼い主を判別できるよう「マイクロチップ」を埋め込む姿に、「加藤シゲアキ」は「衝撃!今日一番の衝撃!もうそんな時代なんだ」と驚きを隠せない様子でした。




一方で、この命の売買を行う「ペットオークション」という「システム」に、動物愛護などの考えから世間では批判の声も上がっているといいます。「加藤シゲアキ」は「オークション」の必要性について問うと、「上原氏」は「競るというのは、価格を競るということじゃなくて品質を競っている」と、金額の「バラ」つきがでたり、病気のまま販売されることを防ぐこの「システム」は重要とし、「批判をされたことについて改善していく。納得していただけるように努力する」と語りました。

また、番組では「悪徳ブリーダー」について、病気などで販売できない子犬を殺処分したり、子どもが産めなくなった老犬を放置し、飼い殺しにしている実態があることを紹介しました。「加藤シゲアキ」が取材した「ブリーダー」の「小山氏」は、「自分が面倒見れる範疇でやるべきだと思うんですよね。スタッフがいても、その人数にあった範疇でやるべき。200~300匹となってくると手が回らないんじゃないかと思うんですけど。犬を飼うにあたっては、命あるものなので、最期まで犬の「“犬生”」をまっとうさせてあげてほしい」と語ったのでした。

「ペット」に「トラブル」が起これば素早く対処できるのであれば「マイクロチップ」装着も仕方ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。