堂本光一★笑ったほうがいいのかなぁ★水谷千恵子に苦笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「堂本光一★笑ったほうがいいのかなぁ★水谷千恵子に苦笑」の事をお伝えしたいと思います。

「1月26日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、演歌歌手の「水谷千重子」が「ゲスト出演」しました。

番組冒頭、「おはようございました。キンキちゃん!キンキの煮付け!」と「ジョーク」を言いながら登場した「水谷千重子」に、「ここは笑っといたほうがいいのかなぁ」と「堂本光一」は早くも苦笑いしました。「芸歴50周年」で昔は「レギュラー番組35本」を持っていたと語る「水谷千重子」は、「だって2人だってさ、「歌謡びんびんハウス」でさ、千重子が歌ってる時、アシスタントやってたじゃん?みたいなこともあったわけ」と自身の過去の仕事っぷりを語ると、「堂本剛」と「堂本光一」は笑いを噛み締めながら「そうですね」と返答しました。




「歌謡びんびんハウス」「テレビ朝日系」とは、「1986年」から「94年」まで放送されていた「音楽バラエティ番組」で、「メインMC」は「笑福亭鶴瓶、KinKi Kids」 は「93年」から番組終了まで「アシスタント」を務めていたのでした。「水谷千重子」の発言に、「堂本光一」は「若干、リアルなところついてくんねんな」と驚きを見せていました。

今回の企画は、「キノコ」好きという「水谷千重子」の「リクエスト」で「珍しいキノコが食べたい!」というもので、「キノコ専門店」「Shangri-La’s secret 六本木店」での「ロケ」となりました。

「キノコが好き=菌が好きっていう」と「堂本剛」が話し始めると、「水谷千重子」は「金も100歳、銀も100歳」と、「1990年代」に「100歳」超えの長寿で話題となった「姉妹・きんさんぎんさん」の「マネ」をするものの、「堂本光一」は「こちらもうまく拾えなくて申し訳ない」と、またしても「水谷千重子」の独特の「ノリ」に苦笑いしました。

そんな中、最初に出てきたのは「約30種類」の「キノコ」が入った「スープ」でした。この「スープ」に、さまざまな「キノコ」をしゃぶしゃぶのように入れて、食べる「スタイル」とのこと。さっそく「スープ」を飲んだ「堂本光一」は、「好きです。地球の味がする」と「コメント」し、「ハナビラタケ、ヤマブシタケ、トキイロヒラタケ」と次々と食べていくのでした。




そして、「堂本光一」が「これ大好き!」と言ったのは、通常のなめこの「3倍」の大きさの「山なめこ」でした。味の感想を「なめこをすげぇいっぱい口に入れた感じ」と話し、「なめこ、俺、大好きなんですよ。なめこの味噌汁、大好き」と力強く「コメント」しました。

その後、時期によっては松茸よりも高くなるという「高級キノコ」「キヌガサタケ」が登場しました。「キノコ」に詳しい「ライター」の「堀博美氏」が「レースのスカートを履いているようなシルエットから、キノコの女王と呼ばれてます。先っぽはめちゃくちゃ臭いんで、これは食べる際に切って山に置いていって食べます」と、臭いによって虫を集めて胞子を別の場所に運ばせていることを説明すると、「堂本光一」は、「きのこ調べていったら地球がわかるんちゃうかな」「地球が見えてくる気がしません?」と、やはり「キノコ」と地球の因果関係を主張すると、「うん。しますね」と「堀博美氏」も共感していたのでした。

この放送に「ネット」上では、「光一さん、ホントなめこ好きよな〜」「光一さん結構、生物学的にキノコ興味津々だよね」「キノコ大好きだから食べに行きたい!!」などの「コメント」が集まっていました。

「水谷千恵子」の「ジョーク」にも付き合ってくれる「キンキ」「2人」の人柄が現れていたように思いますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。