二宮和也★活休発表後の初ラジオ★素晴らしい、本当に★嵐への信頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★活休発表後の初ラジオ★素晴らしい、本当に★嵐への信頼」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が「1月27日」に放送されました。

同日、突然発表された「嵐」の活動休止。発表後初の「ラジオ」ということもあり、「二宮和也」の番組内での発言に注目が集まっていましたが、活動休止について触れることはなかったようです。




ですが、「リスナー」から送られてきた「メール」につづられていた、「ボランティアで介護施設に行った先で歌を頼まれ、「嵐ならわかるよ」と言う職員の方と一緒にみんなで「Happiness」「2007」を歌いました。嵐さんの人気は国民的と思いました」という内容を紹介すると、「どうもありがとう。事実だから、こればっかりは」と断言しました。「素晴らしい、本当に」と「嵐」に対しての自信を力強く語っていました。

さらに、「二宮和也」は「ラジオスタッフ」に「嵐」の中で一番好きな曲を聞き、「イチオクノホシ」「2005」との回答が出ると、「あはは「笑」。静かなのが好きなんだね」と言いつつ、「へえ、やっぱ人によって違うんだな」と感心しました。「リスナー」からの「メール」に対し「「嵐ならわかるよ」って選択するのは、「Happiness」なんだね」と感慨深そうに話していました。

「嵐」の楽曲について、当事者である「二宮和也」は「どれがどれだけ売れた、売れなかったって。そういうので、その結果論あんまり気にしないでさ、生活してきたじゃん。レコード会社の人間じゃないから。だから「Happiness」なんだって、新鮮に思えるよね」と、売り上げ枚数で曲を判断しているわけではないことを説明しました。「「紅白」でも、これとこれ歌ってくださいって言われると、「あ、そういうことなんだ」って。どれがきても意外だと思う」と素直な思いを語り、「俺ら的にはどれもメジャー」「等分」と「嵐」のすべての楽曲に愛があることを話していました。




番組内では、「嵐」の名曲の「1つ」と言われている、「二宮和也」の「リードボーカル曲」「キャラメルソング」「2006」が流れたということで、「その選曲は泣く!」「歌詞に意味がありすぎて泣いてしまう」「ニノから大野くんへのメッセージじゃないかって思った」という声も集まっていました。

図らずも、「二宮和也」の「嵐」への愛が垣間見えたこの日の放送です。さまざまな波紋を呼んでいる「嵐」の活動休止発表ですが、次週以降はこれに触れることはあるのでしょうか。注目が集まります。

「二宮和也」が「メンバー」の気持ちを代弁してくれたようにも思えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。