嵐★誤報で解散&身内ノリ&無責任発言だけじゃない★記者NG行為舞台ウラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★誤報で解散&身内ノリ&無責任発言だけじゃない★記者NG行為舞台ウラ」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」をもって、「グループ活動」を休止すると発表した「嵐」です。「ジャニーズ事務所」にとっても歴史的な記者会見となりましたが、会見中に「大野智」に対して「無責任じゃないかという指摘もあるのでは」と質問を投げかけた「スポーツ紙記者」は、各方面から「バッシング」を浴びています。また、これ以外にも、「メディア関係者」の間では、今回の会見において「“問題視される出来事”」が、「チラホラ」と話題に上がっているのだといいます。

まず「無責任」質問で炎上したのは「スポーツニッポン」の「ジャニーズ担当記者」ですが、「ジャニーズ幹部」もかなり反感を覚えたようで、会見場からその記者の上司に、直接電話で抗議をしていたようです。




さらに「スポニチ」が起こした、「嵐」の会見にまつわる問題は、この件以外にもありました。

すでに「削除・修正」されていますが、「Twitter」での「宣伝ツイート」で「嵐の解散!」と、まさかの「“誤報”」を放ってしまったようです。数時間後、この「ツイート」は削除されたものの、先の記者の質問とは比べ物にならない大問題で、同社には「クレーム」の嵐が発生しているそうです。

また、「スポニチ」の会見質問について「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と「Twitter」に書きなぐっていた「日本テレビ・青木源太アナウンサー」にも、少なからず批判の声があったようです。

もともと「ジャニーズファン」を公言している「青木源太アナウンサー」ですが、会見中に涙を見せたり、「“取材者”」ではなく「ファン」そのものな質問を投げかけたりと、現場では各社から冷めた目線を送られていました。「メンバー」、そして「ファン」に寄り添いたいのであれば、別に現場に来なくともいいはずなのではといわれているようです。




そして「“ジャニーズ御用達”」で知られる「駒井千佳子レポーター」も、同じく取材者ではなく「“身内感”」を出してしまったことで、ひんしゅくを買っていたのだそうです。

「5×20」という「ツアータイトル」について、「ネタバレになっちゃったらごめんなさい。あえてそれ「5という数字」を前に打ち出してきたってのは」という質問を投げかけ、周囲を苛立たせていました。そもそも彼女は、「井上公造レポーター」の会社に所属のはずですが、会見には「1社1名」までという協定が課されているにもかかわらず、「井上公造氏」ともども平然と出席しています。周囲からは、当然よく思われていないようです。

今後、「嵐」の「5人」がまた取材陣からの質問を受け付ける機会があるかどうか、現時点では不明ですが、次はこういった予期せぬ延焼が発生してしまわないことを祈りたいですね。

やはり「嵐」の会見において芸能記者までもが平常心で「インタビュー」できないくらいの衝撃があったということでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。