大倉忠義★ずいぶん高層に住んでる感じ★自宅を推測されタジタジに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★ずいぶん高層に住んでる感じ★自宅を推測されタジタジに」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「1月27日」は「音楽プロデューサー」の「寺岡呼人」や「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の「後藤正文、浅倉大介」らの「名曲を生み出す音楽アーティストの仕事部屋特集」が行われました。




「ゲスト」で訪れていた「シンガーソングライター・chay」の自宅の一角には「音楽スペース」があり、「クラシックギター」などたくさんの楽器が置かれているといいます。そこで作曲したり練習したりすることがあるというのですが、「スペース」が足りない時は外の「スタジオ」を借りることもあるようで、自宅に「スタジオ」を持っている「アーティスト」は羨ましいとのことでした。

「バンド」で「ドラム」を担当している「大倉忠義」も「夢ですよね」とつぶやいていましたが、「僕ら基本的にダンスするのもスタジオに行ってやから、「スタジオが」家にあるってわかんないですね」と、想像もつかないようです。

そして、同じく「ゲスト」の「アンタッチャブル・山崎弘也」から「家の中で鏡とかで「練習を」やったりしないんだ?」と聞かれると「まぁあの 窓っすね、やっても」と「大倉忠義」。「夜の窓」に映る姿を見て練習することがあると明かすと、「山崎弘也」から「ずいぶん高層に住んでる感じですね。低層だったらカーテン開けたら見えたら恥ずかしいじゃん」と「イジ」られ、「いやいやいや」と「タジタジ」になっていたのでした。




また、貴重な「シンセサイザー」や「コア」な機材が紹介されていく中で「ヤスとかは欲しいやろうなぁ」と「村上信五」に話を振られた「安田章大」は、「こういうのあったら自分で「曲を」作るの楽しいですよね~」と羨ましさを滲ませつつ「僕はもう小さいノートパソコンで空間マイクを使って録ってる」と自身の曲作りの環境を明かしていました。

そして今回は、「寺岡呼人」の仕事部屋で生まれた楽曲「トイレの神様」「2010」の「オリジナルアレンジ」を、「安田章大」の「ボーカル」で「ジャムセッション」することになりました。「浅倉大介」も参加するということで「ボーカルするんですよ もう 緊張するよね」と相当緊張しているようでしたが、「ファン」からは「安くんのトイレの神様最高やな」「「トイレの神様」、安くんの歌声めちゃめちゃよかった」「すごく優しくて癒やしボイス」「歌声が優しすぎて耳溶けそう」との声が上がっていたのでした。

「ジャニーズアイドル」が低層階に住んでいたら「セキュリティ上」良くないのは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。