嵐★活動休止発表★ラッキー&キンプリ時代到来の声★嵐舐めるな★ファン怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「嵐★活動休止発表★ラッキー&キンプリ時代到来の声★嵐舐めるな★ファン怒り」の事をお伝えしたいと思います。

「1月27日」、突如発表された「嵐」の活動休止。「リーダー」の「大野智」が「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」と「メンバー」に持ち掛け、話し合いを重ねた結果、「2020年12月31日」をもって「1つ」の区切りを打つことになったといいます。世間的に大きな騒ぎになる中、「ジャニーズ事務所」の「後輩グループ」の「ファン」による「“放言”」に、「嵐ファン」が怒りをあらわにしています。

「1999年11月」に「CDデビュー」し、今年で「20周年」の節目を迎えた「嵐」です。昨年「11月」から今年「12月」にかけて「グループ史上最大規模」の「ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催するなど、「お祭りムード」が高まっていました。ですが、「1月27日」夕方、「嵐」は「ファンクラブ会員」に向けて動画や「テキスト」で「メッセージ」を配信し、「20年末」での活動休止を電撃発表しました。同日夜に開いた会見では、休止期間は未定としながらも解散は否定しました。また、「大野智」のみ一時的に芸能活動を休み、「相葉雅紀、櫻井翔、二宮和也、松本潤」の「4人」は「ソロ」で活動を継続すると説明しました。これからの「約2年間」は「5人」で走り抜けると、「ファン」に宣言したのでした。




「嵐」といえば、現在活動中の「ジャニーズグループ」において、「人気・実力」ともに「トップ」に君臨しています。「1月28日」付の「スポーツニッポン」は、今後の「ジャニーズ事務所」に関して「屋台骨の嵐が活動休止になることで「“稼ぎ頭”」を失う経済的損失は大きく、それをカバーするグループの育成は急務」と報じました。「ファンクラブ」の「会費、コンサートチケット、グッズ、音楽作品」の売り上げや、「CM出演料」などを加えて計算すると、「嵐」関連の年間収入はゆうに「300億円」を超えるとのことでした。その上で、同紙は後輩の「関ジャニ∞」や「Hey!Say!JUMP」、急成長中の「King&Prince」らが「嵐」に代わる「看板グループ」としての期待を背負うことになりますが、その重圧がかかりすぎると今回のような事態を招く可能性もあると案じていました。

「“急成長中のキンプリ”」は、昨年「5月」の「デビュー曲」「シンデレラガール」が発売初週に「57.7万枚」を売り上げ、「オリコン週間シングルランキング」で初登場「1位」を獲得しています。「2ndシングル」「Memorial」「10月発売」も初週「40.1万枚」の「ヒット」を飛ばし、若手世代の「Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone」らを脅かす勢いの「“期待の新星”」です。そんな「キンプリ」を応援する「ファン」の一部から、「嵐がダメになったら次はキンプリの時代到来?だとしたらラッキー」などの声が上がり、また「Sexy Zoneファン」からも「Sexy時代は遅かれ早かれ来るだろうし、嵐もそろそろ世代交代だと思ってるでしょ」といった「コメント」が上がっています。ほかにも「嵐お疲れさま。これからキスマイの時代が来ますか?」など、「後輩グループ」の「ファン」による書き込みが広まり、「嵐ファン」が不快感を示している状況のようです。

特に、「一部キンプリファン」の主張が問題視されており、「キンプリの時代とか言ってるティアラ「キンプリファンの呼び名」が許せない。キンプリは嵐にお世話になってるのに、なんでそんなことが言えるのか」「キンプリは嵐を超えられないし、比べられもしない。比べる時点で負け。嵐の絆舐めるな」と、「嵐ファン」は激怒しています。「ファンクラブ会員数」を比較し、「何がキンプリの時代?」と、冷ややかに指摘する「コメント」も見受けられました。




「キンプリファン」の中には、「嵐の穴なんて、埋まるわけない。一部ティアラは常識がなってない」と否定する声もあるようです。また「嵐」と「キンプリ」の「両グループ」を支持する「ファン」は、「キンプリの時代にするくらいの気持ちで応援するなら話は別。後輩たちが盛り上げていかないとジャニーズは危なくなると思うから、応援したい』と、まっとうな意見もあります。こうした「“ポスト嵐”」をめぐる「ジャニーズファン同士」の足の引っ張り合いは、「嵐メンバー」も、後輩たちも望むところではないでしょう。

ひとまず、この「2年」が「嵐」と「ファン」にとって充実の日々になることを願いたいものですね。

確かに「嵐」活動休止後の「キンプリ」が「ドル箱グループ」に生まれ変われば「ジャニーズ」の経営も安泰になるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。