嵐★2020年オーラス仕事は紅白★2年の猶予&会見日程★隠された計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★2020年オーラス仕事は紅白★2年の猶予&会見日程★隠された計画」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の活動休止をめぐって、関係者の間では「2020年のオーラスには、何が行われるのか」と予測が飛び交っているようです。年末の「NHK紅白歌合戦」、「ジャニーズカウントダウンライブ」など、複数の候補が挙げられていますが。

まず「“仕事納め”」という点で、やはり注目すべきは「紅白」です。「嵐」は現状、「各メンバー」が「リレー方式」で白組司会を担当していますが、残されているのは「松本潤、大野智」の「2人」です。やはり順当に行けば今年は「松本潤」で、来年が「リーダー・大野智」」となるはずですが、今回の発表もあり、「5人全員」という可能性も浮上してきました。




例年であれば、「紅白」終了後そのまま「カウコン」出演という流れで、「年内をもって芸能活動終了」だった「滝沢秀明」も、「同ステージ」を最後の芸能活動の場に選んでいました。

ほかにも見せ場はいくつも考えられますが、「一つ」確かなことは、彼らが「ファンの期待に応えようとしている」というところです。今回の記者会見が行われたのは、過去最大規模で行われる「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の追加公演「5×20 and more」の「チケット」が、予約受付となる前日でした。これはつまり、自分たちの今後についてきちんと説明し、「最後になるかもしれない」と明言した上で、比較的「チケット」が取りやすい、今回の「大規模ツアー」への導線を作ったということのようです。

確かに「チケット」の予約終了後に、今回の発表が行われていたとすれば、「ファン」にとってはたまったものではないでしょう。




「櫻井翔」も会見中、「2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意」としていた通り、今回の会見や発表については、「タイミング」まで「ファンファースト」となるよう、十分練り込まれていた「ワケ」です。それだけに、特に来年は「丸1年」を掛けて、「ファン」への恩返し企画が次々と展開されていくことになるのではないでしょうか。

現状、「デビュー日」の「11月3日」に「コンサート」は予定されていませんが、後日何らかの発表が行われることに期待したいですね。

先のことは分かりませんが「嵐メンバー」の「サプライズ」な「イベント」を期待しながら過ごしていきたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。