山下智久さん★熱愛スクープ★ネット写真掲載★ジャニーズ完全ネット解禁

こんにちは。
今日は「山下智久さん★熱愛スクープ★ネット写真掲載★ジャニーズ完全ネット解禁」の事をお伝えしたいと思います。

2月8日」発売の「女性セブン」「2月22日号」「小学館」が、「山下智久さん」と「モデル」の「Nikiさん」との「ハワイ密会」の様子を写真つきで報じました。記事によると、「2人」は「1月下旬」から「1週間」ほど「ハワイ」で過ごしていたといいます。

同誌の発売に先駆けて、小学館の「ニュースサイト」「NEWS ポストセブン」では「2月7日」にこの「ニュース」を報じていますが、ある「マスコミ関係者」はその記事に対する驚きを隠さないようです。

サイト」の記事には、「山下智久さん」が「キャリーケース」を押しながら歩いている空港での写真が載っていました。「ジャニーズ事務所」と仲がいい「女性セブン」が、「ネット」にこういう写真を載せるのか、と一瞬目を疑いました。




つい最近、「ネット」での写真掲載を解禁した「ジャニーズ事務所」です。ですが、「掲載OK」なのは記者会見などで撮影された写真のみで、「“張り込み写真”」となると話は別のようです。

ジャニーズ」の「スクープ写真」を「ネット」に載せる「メディア」は、今までもありました。「ジャニーズ」と敵対している「週刊女性」「主婦と生活社」はよく載せているし、「NEWSポストセブン」でも「Hey! Say! JUMP中島裕翔さん」と「吉田羊さん」の「熱愛2ショット」を載せたことがあります。でも、「中島裕翔さん」の記事は「週刊ポスト」に載っていたもので、「女性セブン」ではありません。今回は、「ジャニーズ」と仲がいい「女性セブン」が張り込み写真を「ネット」に載せたということが驚きのようです。

ジャニーズ事務所所属タレント」の「スクープ写真」の扱いについて、ある出版関係者はこう話しています。

芸能人は「“準公人”」というような扱いで、社会的な興味の対象とされています。つまり、芸能人の行動を報じることは正当な行為となるわけです。「ジャニーズ事務所」は肖像権を盾に「ネット」での写真掲載を禁止していましたが、「スクープ写真」については報道の自由の範囲内になるので、本来は載せても問題がないのです。「女性セブン」など、「ジャニーズ」と仲がいい「メディア」が「スクープ写真」を「ネット」に載せなかったのは、単純に事務所とうまく付き合うためということでしょう。

ですが、今回「女性セブン」は、「山下智久さん」の写真を「ネット」に掲載しました。前出の出版関係者は続けます。




2ショット」のような強い「スクープ写真」であれば、「ジャニーズ」から文句を言われるのも承知で「ネット」に出すということもあると思うのですが、今回の写真は「山下智久さん」が「1人」で歩いているだけのものです。そこまで強い写真ではないので、わざわざ「ネット」に出す必要もなかったと思います。むしろ、相手の「Nikiさん」の写真でもよかったはずです。にもかかわらず、「ネット」に出たということは、それなりに意味があるということでしょう。

では、一体どんな「メッセージ」が隠されているのでしょうか。

女性セブン」と「ジャニーズ」の関係性を考えると、「女性セブン」が黙って写真を出したとは思えないので、「ジャニーズ側」が納得してこの写真が出ているということでしょう。そういう意味では、「ジャニーズ」としては会見写真だけでなく、「スクープ写真」も「ネットOK」という方針になりつつあるのかもしれません。いろいろな週刊誌が、特に気を使うことなく、「ジャニーズ」の写真をどんどん「ネット」に出していくようになりそうです。

現時点では、「記者会見囲み取材舞台挨拶」などの「タレント登壇時」の写真の「webニュースサイト」での使用。という条件つきの「ネット解禁」ではありますが、条件なしでの完全解禁となる日も、そう遠くはないのかもしれないですね。

ネット解禁」になったとたんの「スクープ」には「ファン」の胸中も穏やかではないでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。