小瀧望★年上女性に一杯、付き合ってよ★誘われたい願望熱弁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小瀧望★年上女性に一杯、付き合ってよ★誘われたい願望熱弁」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」の「1月26日」深夜放送回に「濱田崇裕」と「小瀧望」が登場しました。「1月30日」に発売される新曲「ホメチギリスト」にかけてお互いを「ホメ」合うという流れから、なぜか「会社シチュエーション」での「妄想トーク」に発展しました。年上の女性に言われたい一言について明かしました。

「“誰も気が付いていない小瀧の良いところ”」を褒めることになった「濱田崇裕」は「自分が思ってる以上に大人な考えができてしまうところ」と回答しました。「グループ」内では最年少の「22歳」ですが「30歳の僕たちと同じ行動をとれるようになっている」と一般的な「21~23歳」と比べると大人なところがいいと「コメント」しました。「「合わせることに」ちょっと疲れてるんじゃないかな?」と心配もしつつ「「臨む」姿勢とか、気を使うところとか、ボソっと言うこととかは誇らしい気持ちになる」と語っていました。




また、「濱田崇裕」のいいところについては「メンバーの中でいると一番楽。仏みたい」と「小瀧望」。そして「実はここ褒めてほしいところとかある?」と「小瀧望」が言ったことから「女性から言われるとうれしいこと」についての話に発展しました。「濱田崇裕」の場合は、自分が会社員の立場なら、女性の上司との会話で「濱田さん、とっても面白い人です」と言われるのがうれしいと語りました。

一方の「小瀧望」は、女性の方が先輩で自分が後輩という細かな設定があるようです。そこで、「ストレス」が溜まっている女性の愚痴を「そんなことあったんですか。いや、まじっすか。キツイですね~。ちょっと誰かに言った方がいいですよ!」と聞いてあげていると「なんか小瀧くんに相談したら忘れてた。楽になったわ。小瀧くんの笑顔にね」と言われるというのが理想で、そう言われた暁には「どんどん聞きまっせ!」と「テンション」が上がると熱弁しました。

さらにそこからは「「この後、一杯付き合ってよ」と言われたい」と妄想を膨らませると、なぜか「ちょっと女性やって」と「濱田崇裕」に女性役をお願いし、「ミニドラマ」を展開しました。最終的に「一杯行きますか?」と聞かれて、「行きますか!一杯とは言わず!」と大興奮していたのでした。




「濱田崇裕」には「大人な考えができる」と褒められていた「小瀧望」でしたが、「グループ」内最年少であることに加え、実際は姉がいる弟だったり、「ドラマ」の役などでもほぼ後輩役だったりと、甘えることが自然と身についている様子です。ただ、自分でも「後輩気質なんやろうな~。甘えんのが楽やし」と語るも、年上女性にも甘えられたい願望があることを明かしていたのでした。

これには「ファン」も「いやいやぁ。年上の女性の扱いのうまさ「笑」。さすが可愛い、末っ子ちゃん」「のんちゃんみたいな後輩ほしい!」「後輩小瀧の子犬感」と「メロメロ」でした。ですが、年齢が若い一部の「ファン」からは「小瀧さん妄想の時、ほぼ毎回女の人自分より年上の設定でやるよね。やっぱりお姉さん好きなんか。この時ばかりはもっと早く生まれたかった」「いつも小瀧くん年上選ぶの悲しいんだけど!」との訴えも出ていたようでした。

「ファン」から見ても後輩気質に見えてしまうのなら当分の間は願望を叶えられないかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。