堂本光一★冷たいようだけど★後輩育成における持論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★冷たいようだけど★後輩育成における持論」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「1月28日」深夜に放送され、この日は「堂本光一」が登場しました。

この日の放送でもさまざまな話題で盛り上がった本番組です。「“独身男性が面倒くさい家事”」という話題では、「洗濯に関して言えば、畳むのが面倒くさい」とぼやいた「堂本光一」です。洗濯については、毎日帰宅した際、すべての服や「タオル」などを洗濯機に入れて洗うという習慣がついているんだそうです。




「んで、ノーパン状態でスウェット穿いて過ごすじゃないですか。いいんですー!別に!ほっといてください。いいでしょ?だっていいじゃん。だって家だし」と「スタッフ」に反論しつつ、「洗濯・乾燥」が終わった後にお風呂に入り、洗濯機から出した「タオル」で拭き、次の日の朝、そこから下着を取り出して履くという「ルーティン」を告白しました。「すべて一枚で賄えるっていう、俺の生活!」と「ドヤ感」を出していました。

その後寄せられたのは保育士をしているという「リスナー」からの「メッセージ」でした。「後輩の指導に悩んでいる」と、「堂本光一」の後輩の指導方法について問う内容でした。これに対し「堂本光一」は、「指導ということはそんなにしないですよ、僕は」と前置きし、「明らかに足りてへんなって思ったときに、「もうちょっとあそこ頑張らないと、みんなについていけないよ」とか。それくらいは言います」と自身の指導法について語りました。

また、「けど、それに対して、やる人・やらない人っているんですよね」と続け、「延々、それやる人とやらない人。「ウィッス」って言ってやらないやつ」と指摘しました。「だいたい、そこで「ウィッス」ってやるやつはいなくなっちゃうタイプかな、僕の知ってる限り」と口だけの人はいつのまにか辞めていることが多々あることを明かしていました。




「ミュージカル」「Endless SHOCK」で主演を務め、「ジャニーズ事務所」の後輩も多く起用してきた「堂本光一」ですが、「まあ、あんまり押さえつけてもしょうがないんで、「わからせたい!」って思うかもしれへんけど、そこはわかるかわからないか、そいつの人生やねんな。それで、もしも駄目だったときは「適してなかったんやな」って思う部分もあると思う。冷たいようだけど」と「ドライ」な対応を見せ、「変わるやつもいるし、変わらないやつもいるし。場合によるけど、それが逆に変わらないことがすごく個性で面白いっていう場合もあるし。だから俺はあんまり指導という指導はしないですね」と「キッパリ」。「気づいてくれるといいなと思いつつ、やってるだけかな。どっちかというと」と話していました。

この日の放送に視聴者からは、「いろんな考えがあって難しいよね」「さっぱりしててなんかスカッとするね」「一生懸命取り組んでいる子には熱いけど、やらない子には必要以上に干渉しないようにしてるんだろうな」といった声が集まっていました。

「ジャニーズ事務所」内でもすっかり年長組となっている「KinKi Kids」です。今後もさらに後輩を育てていく立場になっていくことは間違いないでしょうね。

優しく指導しようが厳しく指導しようが自分自身の考えが変わらない限りはいくら先輩からの「アドバイス」を受けても駄目でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。