嵐★ファンクラブ会員10万人増★転売目的?&興味本位は迷惑★既存会員不満

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★ファンクラブ会員10万人増★転売目的?&興味本位は迷惑★既存会員不満」の事をお伝えしたいと思います。

「1月27日」、「2020年」をもって「嵐」としての活動を休止すると発表した「嵐」です。その発表からわずか「1日後」の「28日」には、「ファンクラブ会員数」が「約10万人」増加し、およそ「250万人」にまで増えたということが複数の「メディア」によって伝えられました。「嵐」は「4月13日」から「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の追加公演を「スタート」させ、その「ファンクラブ申し込み」が「スタート」しているだけに、新規入会した人は、これにより「エントリー」するのが目的とみられます。そんな中、「ファン」からは「転売目的ならやめて!」「ライブ行けなくなるかも」などの悲痛な叫びが上がっているのです。

基本的に「ジャニーズ」の「コンサートチケット」は、一般発売も行っているものの、「ファンクラブ」に入っていないと手に入りにくいと言われています。「行きたければファンクラブに入る」というのが鉄則なのです。「嵐」の「ファンクラブ会員数」が急増したのも「最後かもしれないから1回くらいはコンサートに行っておきたい」という人たちによるものだと思われます。ですが、従来の「ファン」からは「ノリでコンサートに応募するのはやめて!」「本当のファン?」「長年のファンがライブに行けなくなる」「興味本位でとか、本当に迷惑」との声が続出しています。




ですが、もとから「嵐」の「ファンクラブ会員数」は「約240万人」とあって、「ジャニーズグループ」の中でも「コンサートチケットがなかなか手に入らないグループ」として有名です。そのため、手に入れた「チケット」を高額で販売する「“転売ヤー”」の存在が、以前から問題視されていました。

今回は特に、「嵐」にとっては「“最後かもしれない”」「コンサート」のため、「レアチケット」になるのは必至のようです。「転売目的でファンクラブに入会した人も、かなり多い」と言われており、「転売ヤーは出ていって!」「こういう人たちのせいで落選したくない」と、「ファン」からは不安な声も出ている状況です。

確かに、「ファンクラブ」の新規会員がこれだけ増加したことで、相対的に「チケット」を手に入れられない既存会員が出ることは間違いないでしょう。




「ファンクラブ」内では「嵐ファンクラブの新規入会を検討されている方へ」との内容で、「抽選については、すでにご入会されている方を優先とさせていただく予定」と、既存会員に対して配慮があることが記載されています。ですが、純粋に「タイミング」が合わなくて会員になっていなかった人もいることから「みんなに権利があるのに、それはおかしい」「昔からのファンが優先されて当然」「既存ファンにも転売ヤーはいるでしょ。その人を排除して」と物議を醸しています。

せっかく、「嵐」が「ファンが平等にコンサートに来られるように」と企画した「コンサート」です。昔からの「ファン、新規ファン」ともに、純粋に応援している人たちへ「チケット」が届くことを願うばかりですね。

「既存会員・新規会員」どちらの気持ちも理解できますよね。やはり純粋な「ファン」のためにも「転売」目的だけで入会するのは止めてほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。