大野智★休止考えた3年前に相次ぐ推論★夏目鈴熱愛報道に見た異例対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大野智★休止考えた3年前に相次ぐ推論★夏目鈴熱愛報道に見た異例対応」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・大野智」が会見中に明かした「3年前」について、「各メディア」がさまざまに予測しています。主に伝えられているのは、やはり「2015年9月」に「フライデー」「講談社」が報じた「夏目鈴」との「“半同棲愛”」報道で、これが布石となり、「大野智」の「自由な生活がしてみたい」発言につながったのでは、と言われているようです。

「大野智」は会見で、活動休止を考え始めた具体的な時期について「だいたい3年くらい前から」としているように、その時期に何かしらの要因があったことが推察できます。なかには「他メンバーをかばっているのでは」といった声も出ていますが、事務所や本人周りを取材している限り、やはり今回の発表に至ったのは、「大野智」自身の心境の変化が、すべての根底にあると言えるようです。




「3年前」の「大野智」と「夏目鈴」の報道で、「ジャニーズ」は異例の対応を行いました。「所属タレント」は、基本的に熱愛報道があっても公には対応を行いませんが、「大野智」に関しては、一部の取材に謝罪までみせていました。

当時、「コンサート」「ARASHI BLAST in Miyagi」を開催する直前での報道でした。そんな中、「ジャニーズサイド」は公演前に「各スポーツ紙」に取材の時間を設けており、「大野智」はその場で「「夏目とは今後」一切会うことはございません」と明言しました。騒ぎを起こしたことを謝罪しています。

「嵐」では、「松本潤、二宮和也」など、交際を報じられているものの「スルー対応」を続ける「メンバー」もいますが、なぜ「大野智」に関しては取材で謝罪という展開を迎えたのでしょうか。




取材を受けた時点で「破局」していることが、「他メンバー」とは大きく違っていました。交際中ならともかく、すでに別れているのなら、本人にそれを明言させたほうが「ファン離れ」も食い止められるという判断のようです。言うまでもなく、熱愛報道は「グループ」の人気低迷に直結するようです。「大野智」のときも、「ジャニーズサイド」は「フライデー」に「ファンが減った」と激怒していたので、「ファン」の流出に焦っていたはずです。あの異例の取材対応が実現したのは、そうした焦りと計算があったと考えられますが、それが活動休止につながってしまったとしたら、なんとも皮肉な結果とも言えます。

現状、この件について「ジャニーズサイド」は「会見で話したことがすべて」と周知しているというのですが、「大野智」の本音が今後、「メディア」を通じて発信されることはあるのでしょうか。

「大野智」の心理の根底には「夏目鈴」との報道の影響があるのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。