VS嵐★フジテレビ活休発表で激震★唯一の2ケタ期待できる番組終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「VS嵐★フジテレビ活休発表で激震★唯一の2ケタ期待できる番組終了」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」いっぱいでの「嵐」活動休止の衝撃は、「嵐にしやがれ」を放送する「日本テレビ」、「VS嵐」を放送する「フジテレビ」の関係者の間にとっても、かなりのものだったようです。同年中の番組終了こそ、ほぼ決定事項になっているというものの、最終回までの企画や「“その後”」に関しては、まったくの白紙状態とのことです。果たして、「メンバー」が望んでいる「“ファンへのお返し”」は、番組内でどれだけ実現できるでしょうか。

両番組は毎週火曜日、隔週ごとにそれぞれ「2本撮り」で収録されているのですが、「番組スタッフ」の「トップ」でさえ、会見当日「1月27日」の正午ごろに「今日、活動休止の発表をする」と、「ジャニーズ事務所」から聞かされたそうです。あまりの急の連絡に、さぞ驚いたことだと思います。番組をどうするかなどについては、これから話し合っていくという状態だけに、現時点で局として、何も発表できることはないようです。




「VS嵐」は木曜日、「嵐にしやがれ」は土曜日に放送されますが、今週の放送で、活動休止について触れるかどうかも、いまだ検討中のままだといいます。

両番組は、「現場スタッフ」だけでなく、局上層部にとっても、思い入れの強い番組と言えるでしょう。「嵐にしやがれ」は一時期視聴率が低迷し、「16年」には「7~8%台」にまで数字を落としていたものの、近年は復活傾向で、安定して「2ケタ」を獲得しています。昨年「2月」には、「16%」超えを記録したこともありました。「VS嵐」も、「バラエティ」では「1ケタ連発」の「フジテレビ」にとって、ほぼ唯一「2ケタ」が期待できる番組となっています。両局にとっては、視聴率に恵まれた番組を失うことが決定したということだけに、その落胆は計り知れないものがあるようです。

そんな両番組の今後について、「活動休止前に終了する可能性は、現時点でほぼゼロ」だといいます。

「メンバー」や「ジャニーズサイド」としては、休止「ギリギリ」までやり遂げたいという気持ちが強く、「局サイド」としても早期に打ち切る必要も理由もないはずです。これから活動休止に至るまで、「ファン」への恩返しとなるような新企画を始動させるといった展開になるのではないでしょうか。また、気の早い話ではありますが、「マスコミ各社」の間では、すでに両番組の後を継ぐ「ジャニーズグループ」はどこなのかといった予想合戦が行われているようです。




現状、名前が挙がっているのが、「関ジャニ∞」と「King&Prince」だといいます。

「コンサート動員数」や知名度だけで考えれば、「関ジャニ∞」ということになるでしょう。ですが勢いで言えば、昨年「デビュー」したばかりの「King&Prince」もあり得ます。彼らはまだ、冠番組を持っていない状態で、年内には深夜帯で冠が作られるという情報もあるだけに、そこで経験を積んだ後、「21年」に晴れて、「嵐」の冠番組の枠を継ぎ、「ゴールデン」に進出するのではと「ウワサ」されているようです。ただし、その一方で、「嵐」の「メンバー」が「ピン」で「メイン」を務める番組が「スタート」するのではと見る「マスコミ関係者」もいるようです。

「嵐」の活動休止後について、さまざまな予想が飛び交っていますが、まずは今後の「嵐にしやがれ」と「VS嵐」の放送内容に注視していきたいですね。

「両テレビ局」に対する「ダメージ」は計り知れないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。