ビートたけし★嵐よりSMAPの方が上発言★引き合いに出すな★ファン激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ビートたけし★嵐よりSMAPの方が上発言★引き合いに出すな★ファン激怒」の事をお伝えしたいと思います。

「1月27日」に「嵐」が活動休止を発表したことを受け、「東スポWeb」は「1月29日」配信の記事で「ビートたけし」の「嵐」に対する見解を掲載しました。そこでの「嵐と比べたらSMAPの方が上」という発言をめぐり「確かにSMAPは別格だった」「売り上げは圧倒的に嵐が上」などと、「両者ファン」の間で対立が生じています。

「ビートたけし」は、記事内で「2016年」に解散した「SMAP」を引き合いに出し、「SMAP」とは出てきた時代が違うとしながらも「嵐と比べたらSMAPの方が上だし。悪いけど、レベルが違ったから」「嵐もバカじゃないから、わきまえてるんじゃない」と持論を述べています。当然、この記事を目にした「嵐ファン」は激怒しています。「何言ってるの!?」「CDの売上で言えば、嵐の方が勝ってる」「若者世代にとっては、SMAPより嵐」「本人たちがSMAPより上って言ったわけでもないのに、何なの!?」「引き合いに出す意味がわからない」と怒りの声が噴出しています。




一方で、一部の「SMAPファン」からは「SMAPは国民的アイドル。嵐にはオーラがなかった」「SMAPはジャニーズの中ではパイオニア。嵐より上で当然」「嵐はSMAPの敷いたレールに乗っただけ。これは変わらない事実」と、「ビートたけし」の意見に賛同する声が多く聞かれます。

このように、「ネット」上では、それぞれの「ファン」が「一番」だと言い合う「カオス」な展開に発展しています。ですが、あくまでも両者の一部の「ファン」が対立しているだけで「それぞれの良さがある」「嵐とSMAPをあえて比べる必要はない」「どちらもファンにとってはナンバーワンでオンリーワンの存在」と、「ビートたけし」の持論を疑問視している人が多いのが現状のようです。

ですが、中には「今の子は正直、嵐よりもKing&Prince」「SMAPも嵐のすごさもわからないキンプリ世代」といった声も上がってきています。




長年、「ジャニーズファン」の間では「“ポストSMAP”」や「“ポスト嵐”」といった後継者議論がされており、一時期は「Hey!Say!JUMP」や「SexyZone、Kis-My-Ft2」の名前が上がっていました。ですが、現在は昨年「5月」に「デビュー」した「King&Prince」が最も推されていると言われており、「嵐」の活動休止を受けた「キンプリファン」による「キンプリ時代到来」などの発言が、「嵐ファン」の怒りを買ったばかりです。

「ビートたけし」は「“ご意見番”」として持論を語っただけかもしれませんが、「両者ファン」の気持ちを思えば反論したくなる気持ちもわかるところです。とはいえ、「タレント」のためにも、これ以上「ファン同士」で醜い争いを繰り広げるのはやめてほしいものですね。

大御所「ビートたけし」の発言に「両ファン同士」の反論がどこまで威力を発揮するのかが見ものですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。