嵐活動休止発表★キスマイじゃないの?★マスコミがウワサする★活休グループ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐活動休止発表★キスマイじゃないの?★マスコミがウワサする★活休グループ」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」で「トップ」の人気を誇る「嵐」が、「2020年」をもって「グループ活動」を休止すると発表し、世間を騒然とさせています。「一部マスコミ関係者」の間では、「ジャニーズの脱退や活動休止ラッシュは止まらない」とささやかれているようですが、果たして「嵐」に続いてしまうのは、一体どの「グループ」なのでしょうか。

「嵐」は「1月27日」、有料の「ファンクラブサイト」で活動休止を報告した後、「メンバー全員」で記者会見に臨みました。「リーダー」の「大野智」は、「21年」から個人での芸能活動も休止するといい、当初は「事務所を辞めるしかない」と考えていたそうですが、「5人」で話し合いを重ねて、「グループ自体」の活動休止という結論に至ったようです。




「ジャニーズ」は昨年から、「タレント」の流出や活動休止が相次いでいます。「元TOKIO・山口達也」は未成年女性への強制わいせつ事件を起こして退所しました。また、「元関ジャニ∞・渋谷すばる」は、海外を拠点に音楽活動をしていくという理由から退所の道を選びました。また、「Hey!Say!JUMP・岡本圭人」は海外留学のため休業し、「King&Prince・岩橋玄樹」と「Sexy Zone・松島聡」は「パニック障害」の治療のために芸能活動を「ストップ」しています。「元タッキー&翼・滝沢秀明」は芸能活動を引退して裏方に転身し、「メニエール病」で療養していた「今井翼」は、本人いわく「責任とけじめ」をつけるため、退所しました。

そして今年に入って、「嵐」が活動休止を発表した流れです。事務所の「トップグループ」の重大発表を受け、「ファン」からは「これ以上、ジャニーズの活動休止や退所の話を聞きたくない」といった悲痛な声が漏れていますが、実は「他グループ」にも、「大野智」と同じく「一度休みたい」と訴える「メンバー」が多くいるそうです。

「ファン」にとってはそれだけでも衝撃的な話ですが、心配なのは「グループ解散」の可能性でしょう。

「ジャニーズ」としても、「解散」だけはどうにか避けたい、なるべく浅い傷で済むようにとの思いで、「メンバー」と真摯に話し合いを行っているそうで、「1人だけ活動休止」「1人だけ脱退」「グループ活動休止」など、さまざまな選択肢を提案しているといいます。ちなみに「マスコミ関係者」の間で、次に活動休止や脱退の話が表面化するとされていたのは、「Kis-My-Ft2」だったようです。ある関係者は、「大野智」の発表を知った時、「キスマイじゃないの?」と驚いていました。




「キスマイ」には、ある「メンバー」の脱退および事務所退所の「ウワサ」があったといいます。

「キスマイ」は、「16年12月」をもって解散した「SMAP」の「元チーフマネジャー・飯島三智氏」が、かつて「マネジメント」していた「グループ」です。「飯島三智氏」は同年「1月」に「ジャニーズ」を退社していますが、同「8月」発売の「フライデー」「講談社」が、「飯島三智氏」と「キスマイ・玉森裕太」の密会を報じました。この頃から、「玉森裕太」は「ジャニーズを退所するつもりでは?」とささやかれるようになったようです。ただ、「玉森ゆう」は「5月」公開予定の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」に主演予定ですし、すぐ何か事が起きるといったことはないでしょうが、「キスマイ」の動向には今後要注目といえます。

今年も「ジャニーズ」にとって波乱の「1年」となってしまうのでしょうか。

「玉森裕太」と「飯島三智氏」の密会報道以降の「キスマイ」の動きには「ファン」も心配していたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。