松岡昌宏★バレンタインチョコ★手作りは重いとバッサリ★いらない断言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★バレンタインチョコ★手作りは重いとバッサリ★いらない断言」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「1月30日」に放送され、「ゲスト」に「松坂桃李」と「吉田鋼太郎」が登場しました。大人の恋愛観を中心に「トーク」を展開しました。

この日は、女子のお悩みに男子が答える「今さら男子に聞けない女子の悩み」を放送しました。「インタビュー」に登場した一般女子のお悩みに、「ゲスト」と「TOKIO」が答えていきました。そんな中紹介されたのが、「片思いの年上男性にバレンタインチョコをあげるとき、手作りのチョコをあげるべきか、高価なチョコをあげるべきか」という質問でした。




これに対し、「松坂桃李」は「手作りチョコをあげる女子」、「吉田鋼太郎」は「高価なチョコをあげる女子」とそれぞれ回答しました。「松坂桃李」は「学生さんとか20代の方だったら、手作りはいいんじゃないかな?」と説明していましたが、「松岡昌宏」は納得いかないような顔を見せ、「人によりません?」と「バッサリ」。これに「長瀬智也」が、「まあ、それはね。でも手作りだったら手作りでうれしいじゃないですか」と言うと、「松岡昌宏」は「手作りは重いっすね」と断言しました。「スタジオ」が騒然とする中、「手編みのマフラーと手作りのチョコはいらないですね」と、さらに畳みかけていました。

これには「ゲスト」もほかの「メンバー」も苦笑いを見せていましたが、「いや、この年になるといただけるものは、なんでもうれしいってなりますけど、ただ、20代で手作りをもらったら、いやあ 重いなあ」と告白しました。「国分太一」が「そっか、年齢によってね」と「フォロー」を入れていました。

この発言に「ファン」からは、「なにか手作りチョコにトラウマがあるの?」「20代のときとか、めちゃくちゃもらってただろうから、嫌な思いすることもあったのかな」「チョコに髪の毛入れる女子がいるくらいだから、手作りにいい思い出ないんだろうね」といった声が集まっていました。




「ジャニーズタレント」の「バレンタイン事情」といえば、最近では「King&Prince・平野紫耀」が昨年「11月5日」放送の「痛快TV スカッとジャパン」「フジテレビ系」に出演した際、「小学校4年」の時に「バレンタインチョコ」を「64個」もらったと告白しました。「フライパン」で全部溶かして「1つ」の大きい「チョコ」に作り変え、気が向いたらちょっとずつかじるという驚きの保存方法を明かしていました。また、「16年2月1日」深夜に放送された「ラジオ」「KAT-TUNのがつーん」「文化放送」では「KAT-TUN・中丸雄一」が「バレンタイン」の思い出として「クラスの大体の「“オンナ”」からチョコをもらった」と告白していたこともあるようです。

「松岡昌宏」が具体的に「バレンタイン」について語ることはありませんでしたが、過去になにかあったことを感じさせる放送でした。

男前「松岡昌宏」にも過去の「バレンタイン」に相当「ショキング」な思い出があったのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。