安田章大★地元での頭パーンパーン体験談★尼崎感がすごいとファン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★地元での頭パーンパーン体験談★尼崎感がすごいとファン」の事をお伝えしたいと思います。

「2月2日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「錦戸亮、大倉忠義、丸山隆平、安田章大」が登場しました。「アンタッチャブル」の「山崎弘也、筧美和子、丸山桂里奈」が「ゲスト出演」しました。

「ゲスト」が自分の独特の「クセ」や「エピソード」を打ち明け、もう一人だけ共感する人を探す「もひとりおるおる」「コーナー」は、「7名中2名」が共感するとたこ焼きが食べられるという「ルール」です。




まず、「筧美和子」が話したのは「ホテルのベッドは掛け布団を挟んでほしくない」というものでした。これに共感したのは、「大倉忠義」と「安田章大」でした。「めっちゃ嫌いなんですよ、あれ。部屋入ったら全部あげますもん。嫌いすぎて」と、「安田章大」は「ホテル」の部屋に入るとすぐ「ベッド」に挟まる掛け布団を出すことを告白しました。

すると、「山崎弘也」は「あそこに足入れていく感覚がよくない?」と「ピチッ」とした掛け布団に足をねじ込むのがよいと発言すると、「わかります」と「錦戸亮」が同意しました。さらに「錦戸亮」は「俺、自分の家のベッド、挟んでるで」「自分できちんと挟んで、横もこう角そろえて」と告白しました。これには「メンバー」も「え?」と驚きを隠せない様子でした。

その後、「山崎弘也」が「高校2年生の時に、かっこつけてタバコを吸うという嘘をついていたら、友達に「嘘つくんじゃねーよ!」と本気で殴られた」と、「友達に本気で殴られたことがある」という「エピソード」を披露しましたが、これに共感する人は「ゼロ」でした。




ですが、「大倉忠義」が「安田章大」に「一回、絡まれて殴られてなかった?祭りで」と聞くと、「安田章大」は「あったな」と告白しました。「丸「山隆平」と僕と2人で俺ん家帰ってて、ちょうど家の前やったんですけど、入ろうとしたら、「おいぃ」って後ろから声かけられて。セカンドバッグ持ったおっさんが、俺のことガッと首根っこ掴んで、頭パーンパーンパーンって」「最終的に、たまたま僕の学校の何十年も先輩の人やって、「今度なんかあったら俺に言うてこいよ」っていって話が終わった」と、過去に絡まれましたが、最後には「頼りにしろ」と言われていたことを明らかにしました。

また、最後に「丸山隆平」の「仕事現場で異性のスタッフにドキっとしてしまう」という「エピソード」には、全員が共感しました。これには「全員かい!」「大倉」「そやろ。男と女やもん」「安田」と全員が思わず笑ってしまう結果となったのでした。

この放送に「SNS」上では、「頭をバッグでどつかれたって、昭和の尼崎って感じがすごい「笑」」「ヤスのエピソードに尼崎の治安の悪さが出てる」「エピソードの尼崎感がいいよね」「たまに尼崎のヤンキー感が出る」といった「安田章大」の「地元・尼崎」への反応や、「ゲスト3人も入れるなら、メンバー全員の方が良いけどスケジュール調整難しいのかな」などの声が集まっていました。

「安田章大」の地元愛を感じる「エピソード」に笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。