二宮和也★活休という結論への思い明かす★嵐の人間が嵐でないと感じてしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★活休という結論への思い明かす★嵐の人間が嵐でないと感じてしまう」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が「2月3日」に放送されました。

「2020年末」での「嵐」の活動休止発表から、ちょうど「1週間」がたったこの日。冒頭から滞りなく進行されていた番組でしたが、最後に「先日、発表させていただきました嵐の2020年の12月31日いっぱいで一旦お休みをさせていただく件に関して」と切り出した「二宮和也」です。活動休止について言及し、「会見で話したとおりでございます」と記者会見で話したことが全てであると強調しました。




また「とにかくみんなで、我々はね、常に5人でいろんなことをやってきたし。5人で迎えた20年ということもありまして、4人とか6人とか、そういうことになってもやっぱりそれは、なんかちょっと、嵐の人間が「嵐でない」と感じてしまうのは、やっぱお届けするのは、よくないことだろうということで」「僕らはずっと5人でやってきたので。休む時も働く時も5人一緒でやっていこうという思いが強く、今回このような結論をさせていただきました」と会見でも何度も言及していた「5人で嵐」という認識をあらためて強く強調していました。

また、最後には「ですが、「活動休止は」2020年のケツなので、ざっくり2年近くありますのでね。変わらず我々らしく楽しくみなさんと一緒にやっていきたいなと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いします」と話していました。

この日の放送に「リスナー」からは、「「休むときも働くときも5人で」っていう言葉にジンときた」「最後まで通常運転だと思ってたのに でも触れないわけにはいかないよね」「活動休止してからもベイストは続けてほしいな!」というさまざまな声が集まっていました。




発表から「1週間」がたったとはいえ、いまだ関連報道も多く、「ファン」の「ショック」も和らいでいないようです。一方、活動休止を切り出した「リーダー・大野智」をほかの「メンバー」が庇うような発言も多々見られ、「嵐メンバー」の絆の深さに感動する声もこの「1週間」で多数集まっており、皮肉にも、「国民的アイドルグループ・嵐」の存在がいかに大きいか、あらめて日本中が知る出来事となったようです。

「嵐」が設定してくれた活動休止までの残り「2年」。「ファン」と「嵐」が過ごす時間が笑顔であふれるものであることを願いたいですね。

「二宮和也」からの「ファン」へ向けた新たな「メッセージ」に「ファン」の不安も少しは取り除けたかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。