高木雄也★マギー&福田彩乃に超ダサいですね★ぶった斬られた行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高木雄也★マギー&福田彩乃に超ダサいですね★ぶった斬られた行動」の事をお伝えしたいと思います。

「2月2日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」には、「有岡大貴」と「高木雄也」が登場しました。「ゲスト」に「マギー」と「福田彩乃」を迎え、「カート対決」をしました。

弱冠「12歳」の「天才美少女レーサーJuju」との「カーレース対決」で勝利するための「一大プロジェクト」「週末カートJUMP」も「第3弾」を迎え、前回までの弱点であった「カーブ」での「スピン」を克服しようと、今回は「コーナー数」が多く上級者向けの「テクニカルコース」が特徴的な「AZ山梨サーキット」での「特訓&カート対決」を展開しました。

番組冒頭で、「高木雄也」はこの「コーナー」を「1番楽しくできる!」と言うと、「有岡大貴」も「ほんとだね」と同意しました。好きな「カート」ができることに、どうやらご満悦の様子です。




まず最初に、「1周42秒」と「目標タイム」を決め、それぞれの現在の「タイム」を計ると、「有岡大貴57秒、福田彩乃47秒、マギー44秒」という結果となり、「高木雄也」の番へ。走行前に「40秒切るよ!」と高らかに宣言するも、「有岡大貴」から「大丈夫?そんな大きなこと言っちゃって。武田鉄矢さん」と「モノマネ」を振られ、「はい。大丈夫ですぅ」と「武田鉄矢」の「モノマネ」で返答しました。そんな「高木雄也」の「タイム」は、「42秒」と「40秒」は切りませんでしたが「目標タイム」を「クリア」しました。

その後、体感速度「140km/h」の「マシーン」に乗り換え、「スピン」の起こる「カーブ」で、進行方向とは逆方向に「ハンドル」を切って「スピン」を逃れる「テクニック」「カウンター」を学んだ一行は、ひたすら練習を重ねていきます。

そんな中、なかなか「スピード」を出せない「有岡大貴」に「スペシャルメニュー」が追加されました。「2人乗りカート」で、教官の隣に乗り、その「スピード」ときれいな「ライン取り」を体感するというものでした。「有岡くんにとってはこれ未知の世界なんじゃない?」と「高木雄也」が言うと同時に、「カート」が「猛スピード」で走り出すと、「有岡大貴」は「わーすげー」「わーちょっと待って」「わーーーー!」「ぶつかるぶつかる!ちょちょちょちょ!待って待って待って待って」と絶叫しました。

みんなの元に戻ってきた「有岡大貴」は、「生きのびるのに必死で学べるか!こんなの!」と声を張り上げて語っていましたが、この後の「有岡大貴」の「タイム」はなんと「44秒」と驚きの成長を見せます。これには、「どうした?有岡大貴!」「高木」「めっちゃうまくなってる!」「マギー」と驚きを隠せない様子でした。




その後、「福田彩乃」は「44秒、マギー」は「41秒、高木」は「39秒」とそれぞれに「タイム」を短縮し、いよいよ「有岡大貴&高木雄也VSマギー&福田彩乃」の「カート対決」になりました。「1周目」は「福田彩乃」が先に「マギー」に交代し、わずかな差で「有岡大貴」が「高木雄也」に「バトンタッチ」しました。

「高木雄也」は余裕の表情で、両手を挙げながら「カメラ目線」をしていましたが、最初の「コーナー」でいきなりの「スリップ」です。前輪が「コース外」へと脱輪し、焦った「高木雄也」はその後も「スリップ」を連発します。もちろん「マギー&福田彩乃チーム」の勝利となったのでした。対決後、「高木雄也」は両手を挙げていたことについて、「今、出発したら余裕で勝っちゃうと思ったの」と、自分への過信があったことを告白しました。「さっきのかっこつけ、超ダサいですね」と「マギー&福田彩乃チーム」から「キツイ洗礼」を受けるのでした。

この放送に「ネット」上では、「頑張る有岡くんがどんどんうまくなってくの、かっこよかった」「「生き延びるのに必死で学べるか」の言い方がかわいかった」「雄也くんかっこよすぎ」などの「コメント」が見られました。

やはり運転に過信は禁物だということが証明されて「高木雄也」には良い薬になったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。