相葉雅紀★10年後の自分★向けて送ったメッセージ★ファン 私たちも一緒に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★10年後の自分★向けて送ったメッセージ★ファン 私たちも一緒に」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」としての活動を「2020年12月31日」で一旦休止すると発表してから初の放送となった、「相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」です。「2月1日」深夜の放送回では活動休止に言及することはありませんでしたが、「10年後の自分」に向けて「メッセージ」を送る場面がありました。

この日は、成人式を迎えたばかりだという「20歳」の女性から「5年前の中学3年生のときに、20歳の自分に向けて書いた手紙が届きました。「夢に向かって頑張れ」と書かれていて就活中の私は励まされました。相葉くんは未来の自分に手紙を書いたことはありますか?また、今未来の自分に伝えたいことはありますか?」という「メッセージ」が寄せられました。




これに「俺もね、そういうの1回やったことありますよ」と切り出した「相葉雅紀」です。「20歳」をすぎていましたが、番組の「タイムカプセル」企画で手紙を書き、それが自分の元に届いた経験があると振り返りました。

そして「10年後の自分に何を書くか?」という質問に対しては、その時は「46歳」だと話した上で、「そうだな~なんだろうなぁ。う~ん、でも「健康でいますか?」っていうくらいかな」と、意外にもあっさりとした回答でした。

ですが、それには理由があるようで「もう、でもさ「自分は」だいぶ人格出来上がってるじゃん。今、36歳でしょ。15歳で20歳に「メッセージ」っていうと「こんなこと思ってたんだ」ってなるけど、「36歳からの10年後は」あんまり変わらない気がするんだよね」と、「10年」たったとしてもあまり変化はないと考えているようです。




そこで、「番組アシスタント」が「例えば、今悩んでたりとか、将来に不安を持ってたりする人は、何年か後の自分に「もう俺は絶対5年後笑っている」とか、そういうなんか有言実行的な「メッセージを」言うのはいいかなと思いました。絶対、今の自分を思い出して懐かしがって「あの頃は大変だったけど、今はよかったな」って思ってる自分になってる、みたいな」と話を振ると、「相葉雅紀」はあらためて「そうだね、10年後の僕へ。「笑ってろよ!」」と、「10年」先の未来の自分に「メッセージ」を送ったのでした。

「21年」から「嵐」は活動休止に入るだけに、「ファン」は「10年後、相葉さんが頑張って無理してつくった笑顔じゃなくて、心から笑っていられる世界ならいいな」「10年後もみんなと一緒に笑っていたいよね」「一生笑っていられる世界であって欲しいなと思うし、4人が隣にいてくれたらいいな」「その時私たちも一緒に笑えてるといいなあ」とさまざまに反応しました。

「相葉雅紀」がずっと笑顔でいるのを願うのはもちろんのこと、やはり「10年後には嵐としてみんな笑っていてほしい」というのが切なる願いのようですね。

「ファン」の願いも「嵐」と一緒に共有できたら嬉しいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。