小山慶一郎★宇宙一かわいい&デレデレ★愛犬みるくに堂々ノロケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★宇宙一かわいい&デレデレ★愛犬みるくに堂々ノロケ」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「2月1日」深夜の回では、先週に引き続き、「ペットブーム」の裏にある実態を取材しました。

番組冒頭で、自身も猫を飼っているという「小山慶一郎」は、「ペットの話をしたらデレデレしちゃう」と告白し、「俺も家ではみーちゃんって言ってた」と飼い猫の名前は「“みるく”」と明らかにしました。「番組スタッフ」に「どんなところがかわいいんですか?」と問われると、「全部だよ」「自分の猫が宇宙一、かわいいんじゃないかと思う」と、「みるく愛」を語ったのでした。

そんな「小山慶一郎」が向かったのは、不妊手術をせず無計画に「ペット」を増やして飼育不可能となる「多頭飼育崩壊」と戦う動物保護の「カリスマ・中谷百里氏」が代表を務める「犬猫みなしご救援隊」でした。施設の中に入ると、部屋を埋め尽くす何十匹という大量の猫に、「小山慶一郎」は少し驚きながらも取材しました。




「中谷百里氏」は「ここは、飼えなくなった、もしくは邪魔にされた、そういう子たち「犬猫」が暮らしてます」と殺処分対象の犬猫や多頭飼育崩壊を起こした猫を引き取っていると説明しました。栃木県那須塩原市にあるこの施設には、現在「400匹」の猫と「102匹」の犬が存在すると語ります。また、「スタッフ」は「12名」で、運営費はすべて寄付でまかなっているといいます。

この状況について、「中谷百里氏」は「これは問題を解決してるわけではなくて。殺さないことが良いことではなくて、途中で捨てることが一番悪いこと。殺す行政が悪いんじゃなくて、殺させる国民が悪いというところにいかないと、解決しないのではないかと」と持論を展開しました。そして、現在は「捨てるなら捨ててもいいよ。だったら「不妊」手術して産ませないようにして捨てろよ」という考えに行き着いたと話しました。

取材を終えた「小山慶一郎」は、多頭飼育問題について「原因が人間なら変えれそうだと思います。優しさと思いやりの方向性をもう一度見直す。そうすれば変わる入り口に立てると思います」と「コメント」しました。

一方、「加藤シゲアキ」は高齢で面倒を見ることができなくなった犬たちを預かる「老犬ホーム」「東京ペットホーム」代表の「渡辺帝氏」を取材しました。「ペット」を預けるのは、「自身が入院や老人ホームに入る人、介護を受ける人などの自分で育てられなくなった高齢者」だとし、飼い主の高齢化により、以前は「10軒」ほどだった「老犬ホーム」も現在は「 100軒」以上と増加したようです。また、価格は「小型犬サイズ」で「1年間60万円」と「入居金30万円」がかかるといいます。




「決して安くはない」と「加藤シゲアキ」に、「そうですね。ただ飼い主さんにとってはオンリーワンの我が子だと思うんですよ。飼い主さんの思いをどこまで汲めるのかっていうのが老犬ホームとして大事」と「渡辺帝氏」は「老犬ホーム」で大切にしていることを語りました。

実家で「15歳」の「ダックスフント」を飼っているという「加藤シゲアキ」は、「会っても僕のこともうわからない。目が見えていないんだと思う」「寂しさはもちろんあると思うんだけど、なんかこう本当に、そこまで長生きしてくれた以上のことはないと思うんですよね」と実家にいる犬に思いを寄せ、かつ「最期まで命と共存することの難しさは絶対にあるんですよ。飼う方が何か起きるかもしれないし、犬に何が起きるかもわからないし。支えていく方法は社会や第三者でしかないので、ペットを飼っていない人たちも考えていかないといけない問題」と持論を語りました。

この放送に「SNS」上では、「ジャニーズがこういう番組してるの感心する」「シゲさんの眼差しが優しくてかわいくてきゅんきゅんする」「ペットブームに乗っかるだけじゃなく、こうやっていい面も悪い面も紹介してくれる番組は素晴らしいよ」などの声が集まっていました。

やはり自分の子供のことを「ノロケ」るのは「ペット」も人間も同じことなんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。