横山裕★伝統ある和楽器★それおいくらくらいですか?★興味津々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「横山裕★伝統ある和楽器★それおいくらくらいですか?★興味津々」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「2月3日」は、「1300年」前から雅楽を継承してきた家系の「雅楽師・東儀秀樹」、「竜馬四重奏」の「リーダー」で「邦楽囃子方・仁、和楽器バンド」を「ゲスト」に迎えて、番組初の和楽器特集が行われました。




「バンド活動」をしている「関ジャニ∞」でも、普段は目にすることがほとんどない和楽器というだけあってみんな興味津々のようです。「17本」の細い竹から成る「笙「しょう」」は、「1400年」前から形も音色もほどんと変わってきていないという説明には、全員が「えー!?」と驚きました。さらに、笙が「ヨーロッパ」に伝わって、研究されて後の「パイプオルガン」になったという話や「アコーディオン」の「ルーツ」になっているという話には、全員が「えー!!?」「へぇ~!」と仰天していたのでした。

伝統ある楽器の値段が気になった「横山裕」は、「二度」も「それおいくらくらいするんですか?」と質問していましたが、笙に描かれた装飾品を含めると数百万の価値になるといいます。さらに、「東儀秀樹」は代々家に伝わっている笙を取り出し、「「豊臣」秀吉の時代に作られた」と伝えると、それだけで大盛り上がりしました。

その後も、いろいろな和楽器の説明がされていく中で、三味線をひくよう無茶ぶりされた「丸山隆平」です。三味線は「バチ」の持ち方が独特のようで、太い「バチ」に小指をひっかけて持つよう、無理やり「バチ」を握らされた「丸山隆平」は「痛い、痛い」「小指痛い!」と苦痛の表情でした。「もっとできるかと思ったんやけど、バチを持つのが痛い」と訴えていたのでした。




また、能や歌舞伎などでも使われている「小鼓」が、紐を締めたり緩めたりして音を変えるという話に驚くと、紐の繊細な組み方にを見て「どこ「指」入れんの!? ってなるよね」と「錦戸亮」もびっくりしました。ですが、「素人がやったら全然音がでない」ということを聞くと、すぐに「錦戸亮、大倉忠義」が「丸!」と反応しました。

「横山裕」からも「丸やったらできるやろ」と再び無茶ぶりされて、小鼓を打つことになったのですが、これが相当難しい様子でした。ですが「ヨ~ッオっ」という掛け声だけは非常にうまく、「ファン」からも「丸ちゃんの「ヨ~ッオっ」かっこよかった!」「今回丸ちゃんがよく活躍したね!」「丸ちゃん、期待に全力で応えた!」などの声が上がっていたのでした。

和楽器の価格が気になるところに「横山裕」の関西人魂が見え隠れしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。