JUMP★1月1日はしょうがないと弁解★ファン衝撃★Tシャツビリビリ事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★1月1日はしょうがないと弁解★ファン衝撃★Tシャツビリビリ事件」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」が「2月1日」深夜に放送されました。

冒頭の話題は、「ツアー」「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」の最終日、「1月1日」の「東京ドーム公演」での一幕についてでした。この日の公演では、「高木雄也」の着ていた「ツアーTシャツ」を「有岡大貴」が「ビリビリ」に破く展開があり、「ファン」の間で話題となっていました。それを受け、「リスナー」から「なにがあったのか、ファンも高木くんもびっくりしてると思うので、教えてくれたらうれしいです」という質問が届きました。




これに「有岡大貴」が「ありましたねー!本番前ですか、高木と殴り合いのけんかをしまして、ちょっとむしゃくしゃしてて」と言うと、「高木雄也」も「そうなんです。1月1日から。「ふざけんじゃねえ」って」と衝撃の告白をしました。さらに「有岡大貴」が、「ずっと口も利いてなかったんですよね、そこまで。で、アンコールで「ありがとう~世界のどこにいても~」「2010」を披露したとき、ちょうど横にいたんで、「ビリ」ってやっちゃったんですよね」と続けると、「信じる人出ちゃうから!」と思わず「高木雄也」から「ストップ」がかかりました。

そして明かされた本当の真相は、「高木雄也」いわく「テンション」とのことでした。曲の最後の「ポーズ」のとき、「2人」で前に出てしゃがむ流れになっており、そこでお互いおへそを触ったり「カンチョー」したりなど仕掛け合っていたそうで、「1月1日ということで盛り上がってしまったんです」と「有岡大貴」も告白しました。「高木雄也」の着ていた「Tシャツ」が、もともと肩が出るほど緩めだったこともあり、「そこまで肩とかデコルテ見せてるなら、もうしっかりと見せないとってことで」と破いてしまったようです。これに「高木雄也」は、「僕は全然よかったんですけどね」と言いつつ、終わってすぐ衣装さんに「まだ福岡公演が残ってるんだけど!」と怒られたそうで、「有岡大貴」が謝ったことを明かしていました。

また、「有岡大貴」は「テンション」が上がると「Tシャツ」を破きたくなる「フシ」があるそうで、「楽しくてね!これはもう来てくれたみなさんのせいですよ」とのことでした。そして「2人」とも最後には「1月1日はなにが起こってもしょうがない」と感慨深く話していました。




この日の放送に「リスナー」からは、「ファンのせいって「笑」。ごめんな!」「本当になにやってんだよ~って思ったよ!」「かなりセクシーだったからむしろありがとうって思った」といった声が集まっていました。

公演を見に行った「ファン」の多くが気になっていた「Tシャツビリビリ事件」です。真相にすっきりした「リスナー」も多かったことでしょう。

「エイプリルフール」並みの「有岡大貴」と「高木雄也」のふざけあいには心配した「ファン」もいたでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。