大倉忠義★食事会での永瀬廉の発言★こんなアホ!と衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★食事会での永瀬廉の発言★こんなアホ!と衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「7人」が交代制で「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「ジャニーズWESTもぎたて関ジュース」「ラジオ関西」です。「2月3日」の「オンエアー」では、先輩の「関ジャニ∞・大倉忠義&村上信五」と、後輩の「King&Prince・永瀬廉」という「メンバー」で食事に行った際の「エピソード」を、「藤井流星」が語りました。「藤井流星」は、「永瀬廉」が「村上信五」に放った一言に衝撃を受けたようです。

この日の放送は、「藤井流星」と「神山智洋」が「パーソナリティ」を担当しました。同番組は毎月、「アイドル誌」「Myojo」「集英社」の内容を「チェック」する「コーナー」があり、「2人」は「1月22日」発売の「2019年3月号」を紹介していきました。同号の「夢対談」企画では、「藤井流星」が「関西Jr.時代」に活動をともにした「永瀬廉」と「トーク」したようです。取材現場で、以前より「関西Jr.」に関わっている「スタッフ」から「「ジャニーズ事務所に」入って来た時の無愛想度合いが似てた」と、「藤井流星」と「永瀬廉」の印象を聞かされたそうです。

その「スタッフ」は、「「コイツ、やる気あんのか?」みたいな、思ったって。その「最初のインパクトが同じやった」みたいに言われて。だから似てんのよね。「永瀬は」アホやし。俺もアホやしね」と、「藤井流星」も納得できるようで、「永瀬廉」は「ジャニーズ」に入りたての頃の「扉閉じてた感」や、「ジャニーズ、なんかちょっと恥ずかしい」などと醸し出す雰囲気が似ていたのだそうです。




そんな「2人」は、最近も「村上信五」と「大倉忠義」も同席する食事の場で会ったそうで、そこでの「永瀬廉」の言動に「藤井流星」は驚いてしまったんだそうです。

「村上くんがね、ガラケー「ガラパゴスケータイ」をいまだに2台持ちで、1台使ってはるんですよ。アイツもう、言葉遣いもアホやな~と思ったんが。まぁ、面白かったから全然、笑いやねんけど。村上くんに、急に「え、村上くん、そのガラケー、ガチで持ってるんですか?」って「笑」」

半ば「ガラケー持ち」は時代遅れだと言わんばかりの「永瀬廉」に対し、「村上信五」は「おう、ガチで持っとるわ!」と、応戦したとのことです。「藤井流星」は続けて、

「アイツ。いやでも、「永瀬は」「“愛されるアホ”」というかさ。まぁ、いいと思いますよ。面白かったわ、ホンマに。村上くんがもう、ガチな顔で「おう、ガチで持っとるわ」っつって「笑」。で、大倉くんが横で、「おもろいなー!キンプリ、まだこんなアホ隠れとったんか!」って「笑」」

と、「村上信五&大倉忠義」の素の「リアクション」を暴露しました。




「King&Prince」の「平野紫耀」や「岸優太」は、「バラエティ番組」で見せる「天然キャラ」が知られつつあるものの、「永瀬廉」の性格までは同じ関西の後輩とはいえ、「大倉忠義」も把握してなかったようです。再度、「大倉忠義」が「まだアホおったんか」と驚いていた様子を「藤井流星」は明かし、最後に念押しのように「先輩に「ガチで持ってるんですか」って言ったらダメですよ「笑」。面白かったけど。おもろいわ~、アイツ」と、愛を込めた毒を吐いたのでした。

そんな「永瀬廉」は、物怖じせず先輩に接近できる「タイプ」なのか、「Kis-My-Ft2・玉森裕太」の自宅に泊まった経験もあるようです。昨年「11月」放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」での「トーク」によれば、その日は「永瀬廉」が「玉森裕太」主演舞台「DREAM BOYS」を観劇したようです。終演後に顔を合わせると、「永瀬廉」の「僕もう帰る感じですか?」といった「“アピール”」が始まり、「玉森裕太」が食事に誘う流れになったようです。翌日も公演がある「玉森裕太」は早めの解散を望むも、「永瀬廉」が帰りたくなさそうな態度を示したため、「帰れないんだったら、家に泊まりに来るか?」と、誘ったようです。

また、「玉森裕太」は「たまにいるじゃん。ゲームするとさ、上下関係忘れるタイプの人。永瀬はそれだったの」と、「チクリ」。家で「ゲーム」中に「今の敵強かったな!」と言うと、「永瀬廉」が「ね~」と「タメ口」で返してきたことを暴露していました。

「村上信五、玉森裕太」に対する接し方から察するに、「永瀬廉」は先輩に向けても悪気なく、思うがまま言葉を発してしまう性格なのでしょう。そんな「永瀬廉」の言動をどう受け止めたのか、「村上信五」の胸中が気になるところですね。

「キンプリメンバー」の中には「平野紫耀&永瀬廉」の「天然キャラコンビ」が先輩たちに向かって個性を発揮しているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。