松本潤★報道から2年★葵つかさ暴露本疑惑★どんだけ迷惑な女&否定して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松本潤★報道から2年★葵つかさ暴露本疑惑★どんだけ迷惑な女&否定して」の事をお伝えしたいと思います。

「2016年12月」末の「週刊文春」「文藝春秋」によって、およそ「4年」にわたる「“密会”」が明らかになった「嵐・松本潤」と「AV女優・葵つかさ」です。報道をきっかけに、両者の関係は解消されたとみられますが、一部夕刊紙は「嵐」の活動休止に伴い、彼女が「暴露本を執筆するウワサがある」と、驚きの情報を伝えています。「嵐ファン」からの批判が相次いだ結果、「葵つかさ」は「インスタグラム」の「アカウント」を削除したといいます。

「葵つかさ」との交際が表沙汰になる前は、「ドラマシリーズ」「花より男子」「TBS系」で共演した「女優・井上真央」と「結婚間近」と囁かれていた「松本潤」でした。昨今の「ジャニーズアイドル」としては異例の二股が発覚し、大きな騒ぎとなりました。「嵐ファン」は「葵つかさ」の「Twitter」に向けて罵詈雑言の「メッセージ」を送り、「葵つかさ」は「17年1月」末に開催予定だった「サイン握手撮影会」を欠席しました。「2月上旬」には、「何を言われてもスルーしようと決めていたけど、何を呟いても憶測でずっと叩いてくる人がまだまだいるのが現状で、私がツイッターをやめたらそういう人達はスッキリするのだろうか」と「ツイート」し、後に「Twitterアカウント」を削除しました。




同年「4月」には、「レギュラー出演」する「バラエティ」「マスカットナイト・フィーバー!!!」「テレビ東京」にて、「松本潤」を連想させるような過激発言を連発しました。「私、すーっごく都合のいい女なの。だから、するだけしたらすぐ帰ってあげるね」「コートの下、裸で来ちゃった。もうね、あそこがね、「“ジュンジュン”」いってる」と、「ネタ」にしたようです。また、「文春」「17年5月4日・11日号」の直撃取材に対し、報道後に「松本潤」から「心配してくれてるような内容」の連絡が届いたと答えつつ、今は連絡を取らないようにしていると「コメント」しました。「「松本とは」別れたということですか?」と「ストレート」に聞かれ、「まあ、そうですね」と、決別宣言しました。

同「7月」、「葵つかさ」は「所属事務所・エイトマン」の「Twitter」で「ツイッターもインスタもやめてしまってごめんなさい。オフィシャルサイトも削除してしまってごめんなさい」と、自身の「ファン」に謝罪しました。以降は本業に邁進しており、「インスタグラム」も再開と順調に活動を展開していましたが、ここへきて「暴露本を執筆するウワサがある」と報じられました。

「2月5日」付の「東京スポーツ」では、出版関係者が「葵つかさ」に関して、「松本を恨んでいるようで、暴露本を執筆するウワサがあるんです」「もしかしたら暴露本ではなく、松本との関係をつづった小説にして発表する可能性もありそうだ」などと証言し、「松本潤」の「“セックススキャンダル”」が明るみになるのではないかと、「センセーショナル」に報じました。




これにより、「嵐ファン」は再び「葵つかさ」」への批判を「SNS」に書き込み始め、「葵つかさ」の「インスタグラム」も荒れてしまったようです。「葵つかさファン」は「インスタ荒れてるから消しちゃうかも」と危惧していたところ、「6日午前」までに「アカウント」を削除した模様です。「やっぱインスタ消しちゃったか。ジャニヲタに中傷されてたもんな」「消さなくても、「ガセネタに騙されないで」って書けばいいのに」「嵐ファンを煽る東スポは許せない」という「コメント」が「葵つかさファン」から上がっているようです。

一方、「嵐ファン」も「葵つかさのインスタ、全部消されてる」「インスタまで消して、葵つかさってどんだけ迷惑な女だよ」「削除してほしいのではなくて「暴露本なんて出しません」と否定してほしいだけなのに」と反応しています。そんな中、「葵つかさ」の「事務所・エイトマン」は「6日午前10時台」に「Twitter」を更新し、「東スポ」の紙面を「アップ」しながら、「そんな本、出す予定ありませんよ」と、暗に報道を否定しました。最後に怒り顔の絵文字をつけており、記事内容は寝耳に水といったところなのでしょう。

実際に「葵つかさ」が「松本潤」と縁を切り、親密関係ではないのならば、「嵐ファン」から叩かれ続けることに疲れているのかもしれません。待っている自身の「ファン」のためにも、「SNS」で何らかの「メッセージ」を発信してほしいものですね。

「2人」の関係をはっきり知りたければ「嵐ファン」も覚悟を決めて暴露本出版に賭けてみるのも一つの答えかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。