長瀬智也★TOKIOカケル★さすがのコメント続出したアーティストな一面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長瀬智也★TOKIOカケル★さすがのコメント続出したアーティストな一面」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「2月6日」に放送されました。この日は「お呼ばれしました 出張トキカケ」の「第2弾」を放送しました。「TOKIO」が「一流ゲスト」のお宅に訪問して、いろいろな体験をしていくという「コンセプト」です。登場したのは、「ボクシング世界チャンピオン」の「井上尚弥選手」でした。




「井上尚弥選手」の「ジム」にて「トーク」が展開される中、「ボクシング」の「1ラウンド3分間」について「国分太一」が「怖くないんですか?」と素朴な質問をぶつけると、「むしろ楽しい」と返答され「TOKIO」は驚愕しました。普段から「3分間」の「トレーニング」をしているということを受け、体内時計対決を行うことになりました。目隠しをし、体内時計を頼りに「3分」と思ったところで「スイッチ」を押すという「シンプル」な「ルール」でした。「井上尚弥選手」に「TOKIO」からは「アーティスト・長瀬智也」が挑むことになりました。

「長瀬智也」といえば、「TOKIO」で「ボーカル・ギター」を担当しており、「リズム感」は抜群なはずです。作詞作曲を手掛けた曲も多数ありますが、その中でも今回は、「2017年」に「リリース」された「長瀬智也」作詞作曲の楽曲「クモ」を使って時間を計ることになりました。目隠しをした「長瀬智也」は小さく「ギター」を弾くような仕草を見せていましたが、一方、「長瀬智也」以外の「3人」は「使われねーんだろうな!」と言いながら、わちゃわちゃ騒ぎだす始末です。雑音の中、「長瀬智也」は「スイッチ」を押し、自信を聞かれると「いやー、いいところいってんじゃないですか!10秒圏内には入ってる」と答えていたものの、「会話が邪魔!めちゃくちゃ邪魔だった!」と「メンバー」に苦言。これに「メンバー」は手を叩いて大笑いしていました。

結果はなんと「2分57秒」ということで、かなりの好成績になりました。一方、「井上尚弥選手」は挑戦前、「「勝つには」奇跡しかない」とこぼし、自身の「リズム」を作戦に、目隠し中「シャドーボクシング」をしていましたが、結果はまさかの「3分37秒」でした。圧勝を決めた「長瀬智也」は「やったー!」と拳を上げて喜んでいました。




この結果に視聴者からは「さすがとしか言いようがない!」「本当にアーティストだね!」「やっぱTOKIOはミュージシャンなんだな、って実感できた」といった声が続出しました。

昨年の「山口達也」脱退以降、音楽からは遠ざかっている「TOKIO」ですが、久しぶりに「アーティスト」としての一面を見ることのできたこの日の放送に「ファン」も歓喜していました。

「TOKIO」結成以降、伊達に「ボーカル・ギター」を務めてきた訳ではないことを証明できましたよね。



SNSでもご購読できます。