小山慶一郎★マッチングアプリ★それでフラれたら最悪だね★ドン引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★マッチングアプリ★それでフラれたら最悪だね★ドン引き」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「2月8日」深夜の回では、「ゲスト」に「眞鍋かをり、スピードワゴン・小沢一敬、弁護士の小林芽未」が出演しました。今回は、「スタジオ」に「“マッチングアプリ愛好家”」が集まり、知らない者同士が「SNS」で知り合い、恋人や結婚相手探しをする「マッチングアプリ」について徹底討論しました。

「マッチングアプリ」の利用人数は、「2016年」には「500万人以下」でしたが、「18年」には「1,000万人以上」を超えて年々増加「出典:株式会社ネットマーケティング、株式会社エウレカ」しています。「マッチングアプリ」の数も、「遊び目的、恋人探し、結婚目的」とそれぞれの用途に分かれ「100種類以上」も存在するといいます。中には「独身証明、学歴証明、資格証明、収入証明」を出さなければならない「アプリ」もあるという事実に、「小山慶一郎」は「それでフラれたら最悪だね」と「ドン引き」していたのでした。




「マッチングアプリ」の印象を「加藤シゲアキ」は、「言い方を変えた出会い系ですよ。やっぱりイメージは。出会い系は悪質な人も多かったじゃないですか。マッチングアプリって言い方を変えたとて、やっぱり危険度は変わらないのではないかと思っています」と述べ、「真鍋かをり」も「真面目な出会いを装った、より悪質なクズが混じってるイメージがあります」と持論を展開しました。

今回、「マッチングアプリ」で婚活をしている「西村さん」に密着しました。「IT関係」の会社で働き、「彼氏いない歴1年」という彼女の目標は、「平成のうちに婚約者を見つけること」といいます。登録者数「1,000万人以上」の「Pairs」や、「ハイスペック」な相手探しに特化した「東カレデート」など「15種類」の「アプリ」を駆使し、理想の相手を探しています。ちなみに、「西村さん」の求める条件は、「35歳〜50歳」まで、「身長170cm以上、年収1,000万円以上」と「ハイスペック男性」を希望のようです。

そんな「西村さん」は、仕事以外の時間は、朝から夜まで「マッチングアプリ」の返信をしており、昼に「アポ」を取り、夜には飲みにいくという「スピーディー」さです。休日も年下男性と渋谷で「ランチ」、夜は他男性と恵比寿で「ディナー」し、その後は東京駅近くの「ホテル」の「バー」で「54歳」の医師と会うなど「ハシゴ」をする生活を続け、「2年間」で出会った男性は「約300人」だといいます。




すると、この生活について実際に「マッチングアプリ」で結婚した夫婦の妻が、「出会ってから思考でしか考えてない。この人年収いくらでとか、何歳以上でとかではなくて、感情なんですよ。この人といたいか、この人に触れたいか。300人と出会っても心が麻痺しちゃってる」と「アドバイス」しました。これに対し、「西村さん」は「いやいやそんなことないと思います。この中で付き合った人もいますし」と、「300人中2人」と付き合ったと告白しました。「アプリ」での婚活は継続していくとのことでした。

この放送に「ネット」上では、「マッチングアプリ婚活 300人と出会うとか気合がすごい」「言い方を変えた出会い系。模範解答的な「笑」」「年収1000万円の条件がネックだよ」「好きって感情は大切にしたいものだ」など、賛否両論の「コメント」が集まっていました。

出会い方は人それぞれあるとは思いますが「ハシゴ生活」で本当に好きな人に巡り合えるのか疑問を感じずにはいられないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。