大倉忠義★照れ笑いをしながら★ジャニーズ頑張るわ★宣言したワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★照れ笑いをしながら★ジャニーズ頑張るわ★宣言したワケ」の事をお伝えしたいと思います。

「2月9日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」では、「大倉忠義、安田章大、丸山隆平」が登場し、「関ジャニ∞先生」「第2弾」を放送しました。

「関ジャニ∞メンバー」が、「小学2年~5年生」までの「生徒6人」の先生となって、「アイデンティティー」「ケースバイケース」など難しい言葉の意味を教える「関ジャニ∞先生」は、教育評論家の「尾木ママ」がその授業内容を評価する「コーナー」です。

前回、その自由すぎる教え方から、「尾木ママ」に「ダメ出し」をされた「丸山隆平」でしたが、今回はその反省もあってか「どうもこんにちは。私の名前は丸山隆平と申します」と「テンション」低めに自己紹介をした「丸山隆平」でした。それに生徒が違和感を示し、「先生、なんか元気ないですね。悩みあるんですか?」と聞くと、「まぁまぁ、悩みはあるよね それなりに」と吐露しました。




その悩みはというと、「かっこいい、せっかくアイドルなんやったら、二枚目「キャラ」もやってみたいと思う時もあるよ。先生」と、「イジ」られ「“お笑いキャラ”」ではなく正統派の「イケメンキャラ」になりたいと告白しました。それを聞かされた生徒は「先生もつらいんですね」と同情の顔を覗かせていたのでした。

そんな「丸山隆平」が教える言葉は「ニーズ」「必要としていること、需要があること」です。「丸山隆平」は苦笑いを浮かべ、辞書で調べてみるものの載っておらず、「パソコン」で調べる時には「にいず」と打ち、別室で「モニタ」を見ている「大倉忠義」に「バカ教師!」と言われる有様でした。

ですが、なんとか「パソコン」で調べることができると、黒板に「リンゴ」と人間の顔の絵を描き、「この人はリンゴが欲しい、これがニーズや」「リンゴにニーズがあるわけですよ。リンゴが求められてる」と説明しました。すると、生徒の「1人」が「先生、ポーズ!ポーズ!」と突如「ネタ」振りをし、「丸山隆平」は右手を首の後ろに回し、右肘を振り下ろす謎の「ポーズ」をとると小学生たちは「大ウケ」しました。

「丸山隆平」は「だから今のポーズもニーズに応えてるわけさ」「みんなのニーズに応えた」と「“ニーズ”」を「“ポーズ”」に絡ませて説明しました。この説明により、見事、小学生全員の理解を得たのでした。




その後、「大倉忠義」が登場し、授業の前に「みんなジャニーズ知ってる?」「ジャニーズで好きな子おる?」と質問しました。「小学5年生」の「りほちゃん」が「大倉さんと錦戸「亮」さんと山田「涼介・Hey!Say!JUMP」さんです」と答えると、気を良くした「大倉忠義」は「先生頑張るわ!」と張り切って授業すると宣言しました。

そんな「大倉忠義」が教えるのは「のっぴきならない」「どうにもできない、引き下がれない」という言葉でした。これに「大倉忠義」は、「例えば、学校終わったら遊ぼうよって言われてて、でもお母さんから「“絶対に学校終わったらまっすぐ家帰ってきて。買い物お願いね。お母さん忙しいから”」って頼まれてたら。友達との約束を断る時に、「“のっぴきならない事情があるから行けないわぁ”」って言い方をする」と説明しました。

この簡単な説明で、ほとんどの生徒が理解を示していましたが、「小学2年生」の「りさちゃん」だけは「のっぴきならないの意味がわかるけど、文にするのがむずかしかったです。でもジャニーズがイケメンでした」と、「大倉忠義」が「イケメン」だったと告白しました。照れ笑いをした「大倉忠義」は、「ジャニーズ頑張るわ」と言い残し、教室を去ったのでした。

この放送に、「ネット」上では、「やっぱり大倉×子供は強すぎる」「かっこよすぎるよ大倉先生。そして照れ笑いが最高に可愛い」「大倉先生に溶けそうです」と大倉先生を評価する声が多く見られました。

「大倉忠義」も「りほちゃん」に好きと言われ「ジャニーズアイドル」に本腰を入れる決意をしたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。